カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
春の《オフィスカジュアル》は自分らしいパンツスタイルで新生活を始めよう

2020.02.16

春の《オフィスカジュアル》は自分らしいパンツスタイルで新生活を始めよう

“きちんと好印象”のカッチリオフィスコーデのアイデアをご紹介します。取引先への挨拶や新入社員など、「初めまして」が増える春。2020年のファッションは、女性らしさにとらわれ過ぎないのが今の気分だとか。そこでハンサムな「パンツルック」をピックアップしました。

オフィスカジュアルは、断然「パンツ派!」な人たち集合!
ここでは春のジャケット×パンツスタイルを素敵に着こなす術を解説します。

今回は人と会うシーンが増える春に、第一印象を左右するジャケットのインに着るトップスのデザインに注目。
顔の額縁になる、トップスの襟の形状ごとに分けて好感度の高いパンツスタイルをご紹介します。

《角襟シャツ》パリッとハンサムな清潔感

しなやかに着こなせる淡い色のシャツ

しなやかに着こなせる淡い色のシャツ
出典:『bo-te』

マニッシュなアイテムを、あえて優しげに着こなすテクニックがこちら。
角襟シャツに淡い色をチョイスした方法です。

パンツもベージュなどの中間色で合わせると、よりしなやかなムードが高まります♪

フレッシュな軽やかさを着こなせるブルー系ストライプ柄

フレッシュな軽やかさを着こなせるブルー系ストライプ柄
出典:『bo-te』

老若男女の幅広い人に、爽やかな印象を与えてくれるブルー系カラーのストライプ柄。
そのフレッシュで元気なイメージは、初心を忘れないような“はつらつとした”印象を着こなせそう♪

カッチリ過ぎないこなれ感はワイドパンツで引き算。

《首の詰まったプルオーバー》クレバーなオシャレ感

知的で爽やかにまとめるホワイトカラーのボートネック

知的で爽やかにまとめるホワイトカラーのボートネック
出典:『bo-te』

胸元の肌見せを控えるボートネックは、知的にオシャレ感を着こなしやすいデザインです。
さらにホワイトカラーを選ぶと爽やかさも両得。

写真のような派手色パンツを、ボートネックでさらりと知的にまとめても好印象です。
例えばクリエイティブな職種は、攻めのボトムスで応用したいコーデテクニックですね♪

他のアイテムを引き立てるダークカラーのクルーネック

他のアイテムを引き立てるダークカラーのクルーネック
出典:『bo-te』

キュッと首の絞まったクルーネックは、カット素材もきちんとコーデに取り入れやすいデザイン。
ダークカラーを選ぶと、合わせるボトムスやジャケットの魅力を引き立てるような影の立役者に。

写真はさらにボトムインして、ウエスト周りのパンツデザインの良さを全面に見せています。

《Vネックライン》すっきりエレガントな抜け感

カーディガンで作る深めの技ありVネック

カーディガンで作る深めの技ありVネック
出典:『bo-te』

ニットトップスでも着こなせますが、カーディガンをプルオーバー使いしてVネック風に着こなす方法はいかが♪
カーディガンなら、通常のVネックニットよりも深いラインになるものが多いので、自分の体型に似合う襟ぐりを見つけられるかもしれません。

写真のようなリブニットなら、ボトムインするとボディラインが引き立ちかっこいい仕上がりに!

フォーマル感をキープしやすいVネックブラウス

フォーマル感をキープしやすいVネックブラウス
出典:『bo-te』

フェミニンからハンサムなテイストまで、幅広いデザインがあるブラウス。
フォーマル感をキープしやすく、カッチリコーデに人気のアイテムです。

パンツのジャケットスタイルを着こなすなら、Vネックで首回りに抜け感を作るとあか抜けしやすくなります。
写真は長めのネックレスを合わせて華やぎもプラス。

また、今年はアクセサリーの中でもネックレスにトレンドの風が吹く予感。
オフィスでもこなれて取り入れたい♪

カッチリとしたジャケット×パンツでも自分らしさはアピールできる

好印象な装いが必要になってくる、春のビジネスシーン。
カッチリオフィスコーデが、自分の良さを消してしまっては勿体ないですよね!

信頼感など、あなたの魅力がアピールできる素敵なファッションで軽快に春のスタートを切りましょう。


編集部bo-te(ボーテ)

ライター

bo-te

『bo-te(ボーテ)』は働く女性のために「日常に取り入れやすく、参考にしやすい」ファッションコーディネートをお届けしているメディアです。

このライターの記事をもっと読む

関連記事