プリティオンラインはグルメ・美容・おでかけ・エンタメ!関西の女性の毎日をハッピーに彩るサイトです

サイトマップ
食のトレンド通信
行列の出来る人気店や話題のお店、こだわりの老舗店などなど、気になるお店を突撃取材!

大阪・本町のイタリアン『OSTERIA AL CORALLO(オステリア アル コラッロ)』で、三重の食材を心ゆくまで堪能!

  • イタリアン | 本町
  • 2016年2月10日

osteriaalcorallo_1

今回、取材にうかがったのは、大阪・本町にある『OSTERIA AL CORALLO』。
地下鉄「本町駅」から徒歩5分で到着!

大通りから少し入ったところにある、隠れ家のようなイタリア料理店。

さっそく入ろうとしたものの、押しても引いても扉が開かず……(笑)。

入口はスライド式の扉なので開ける時はお間違いなく。

居心地の良さ◎。心地いい時間が流れる店内

osteriaalcorallo_2

中へ入ると、木のぬくもり溢れる空間が広がる『OSTERIA AL CORALLO』。

カフェのようなほどよいカジュアル感もあり、肩ひじ張らずにゆったりとした非日常的な時間を過ごせる。

osteriaalcorallo_3

海辺をイメージしたタイル張りのカウンター席は、オープンキッチンスタイル。
奥へ長い店の作りで、外からの視線もあまり気にならないのも◎。会社帰りに一人でも気軽に立ち寄れる。

osteriaalcorallo_4

20人ぐらいで貸切もOK。奥には、10名まで利用できる個室もあり、友人同士やデート、女子会、宴会など幅広いシーンで利用できる。

三重県の食材を使ったイタリアンレストラン

『OSTERIA AL CORALLO』は、2014年4月にオープンしたイタリア料理店。

“海と都会を繋ぐ”をコンセプトに、シェフの出身地である三重・鳥羽市の食材をたっぷり使った料理を提供している。

「どこで誰が作ったか分からないものではなくて、安心できる生産者さんから直送してもらっているというのも自慢です」と話すシェフの塩野裕祐さん。

魚や野菜、ジビエまで、全て三重県の生産者から直送で仕入れるというこだわり!

今回は、メニューから

期間限定の「桃こまちとサフランのリゾット」

三重県の野菜がたっぷりの「旬の野菜のバーニャカウダ」

パスタで一番人気の「エビとピスタチオクリームソースのルンゲッティー」

のオススメ3品を紹介。

期間限定メニュー「桃こまちとサフランのリゾット」

鳥羽桃取直送牡蠣を使用した「桃こまちとサフランのリゾット」(1,706円)

鳥羽桃取直送牡蠣を使用した「桃こまちとサフランのリゾット」(1,706円)

鳥羽の桃取直送の牡蠣「桃こまち」とマスカルポーネチーズやポロネギを合わせたサフランのリゾット。

『OSTERIA AL CORALLO』では、鳥羽の桃鳥で取れるブランド牡蠣「桃こまち」をメインに取り扱っている。

osteriaalcorallo_6

「この牡蠣のファンも多く、メニューで出していたところ、今年はまだかと問い合わせが来るぐらい人気です」(塩野シェフ)。

他の牡蠣より少し遅く11月~3月が旬の「桃こまち」は、冬になると仕入れるのを待っているお客さんもいるほど貴重価値が高いのだとか!

プリプリの食感で甘みがあり濃厚な味わい。身質も大きく満足感もGood!!

三重県の産地直送野菜が好評の「旬の野菜のバーニャカウダ」

鈴鹿の契約農家『すいーとぽたけ』直送野菜を使用した「旬の野菜のバーニャカウダ」(1,296円)

鈴鹿の契約農家『すいーとぽたけ』直送野菜を使用した「旬の野菜のバーニャカウダ」(1,296円)

『OSTERIA AL CORALLO』の人気の一つでもある野菜は、三重県鈴鹿市の契約農家『すいーとぽたけ』から仕入れている。

osteriaalcorallo_8

今回いただいた野菜は、イタリア野菜のカーボロネロ(黒キャベツ)や一口サイズのフルーツパプリカ(セニョリータ)など、珍しい野菜がたくさん!

時期により根菜が多かったりと、その日の仕入れでラインナップが決まるので、いつでも旬の野菜が楽しめる。

アンチョビやオリーブオイルはシチリア産を使用

アンチョビやオリーブオイルはシチリア産を使用

「ここの野菜は、“味が濃くて美味しい”と初めてのお客様にも好評なんですよ」(スタッフのキャンベルさん)。食べてみると、野菜の味は濃く、みずみずしさもバッチリ! 初めての人にも好評というのも納得♪

忙しくて野菜不足が気になる人や美味しい野菜が食べたいという人には、ぜひ訪れてほしい。

オープン当初から人気の「エビとピスタチオクリームソースのルンゲッティー」

シチリアの味を再現した「エビとピスタチオクリームソースのルンゲッティー」(1,598円)

シチリアの味を再現した「エビとピスタチオクリームソースのルンゲッティー」(1,598円)

「エビとピスタチオクリームソースのルンゲッティー」は、パスタの中でもオープンから一番人気のメニュー。

ピスタチオと生クリームを使ったソースには、海老などの甲殻類から取った旨みエキスも入っている。魚介の豊かな風味とクリーミーな味わいが楽しめる。

osteriaalcorallo_11

卵白とパン粉で作ったショートパスタ「ルンゲッティー」は、塩野シェフが修業していたシチリアで学んだ珍しいパスタなのだそう。

なめらかなクリームソースがモチモチとした食感のパスタと絡んで◎♪

イタリア産ワインを中心としたこだわりのラインナップ

リストには載っていないワインもあるよ♪

リストには載っていないワインもあるよ♪

『OSTERIA AL CORALLO』では、塩野シェフが修業していた南イタリア(シチリア島)と北イタリア(トレンティーノアルトアディジェ州)が産地の赤・白ワインを中心に、合わせて約45種類ほどのワインを取り揃えている。

左端は、「Cos Frappato(コス フラッパート)」(ボトルのみ6600円)。

ジューシーな果実味で飲みやすく女性に人気の南イタリア産赤ワイン。鹿肉の料理や赤ワインの煮込にピッタリ!

右端は、北イタリア産の「Terlano Terlaner Classico(テルラーノ テルラーネル クラシコ)」(ボトル4800円、グラス900円)。豊かなミネラルを感じられる芳醇な味が特徴の白ワイン。

すっきりした酸味もあるので前菜や魚料理と相性◎。クリーミーな「エビとピスタチオクリームソースのルンゲッティー」にもオススメ。

紹介したメニュー以外にも、三重の猟師から直接仕入れるジビエなどもメニューにあるので、来店した際にはぜひチェックしてみて。

最後に

左から、ゆうごさん、トニーさん、塩野シェフ、キャンベルさん。気さくなスタッフさんとの会話も楽しんでみて♪

左から、ゆうごさん、トニーさん、塩野シェフ、キャンベルさん。
気さくなスタッフさんとの会話も楽しんでみて♪

20代後半~50代、60代まで幅広い層が来店する『OSTERIA AL CORALLO』。
火曜~土曜・祝日の11時30分~13時30分は、ランチメニューも提供している。

休日前の夜は特に、満席になることもあるので、事前に予約してから来店しよう。

●本町でイタリア料理を食べたい!

●デートや女子会に使える店を探している!

●野菜が美味しいお店を探している!

そんなあなたは、ぜひ足を運んでみてね。

イタリアン | 本町

OSTERIA AL CORALLO(オステリア アル コラッロ)

住所大阪府大阪市中央区久太郎町4-2-5 中甚ビル1F
アクセス地下鉄「本町駅」徒歩5分
電話番号06-6210-3314
営業時間ランチ11時30分~13時30分(L.O.13時30分)、ディナー18時~23時(L.O.22時)
※月曜はランチ休み(祝日の場合は営業)
定休日日曜日、不定休(月に一度)

このお店のHPを見る

今月のPrettyをGETする