カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
フィンランドガラスの「イッタラ」作品が集結!京都駅の美術館で展示会開催

公開:2024.02.07

フィンランドガラスの「イッタラ」作品が集結!京都駅の美術館で展示会開催

「ジェイアール京都伊勢丹」7階に隣接する「美術館『えき』KYOTO」(京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町)で、2024年2月17日(土)から3月29日(金)まで、「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」を開催。「イッタラ」作品が一堂に会します。

「ジェイアール京都伊勢丹」7階に隣接する「美術館『えき』KYOTO」(京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町)で、「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」を開催。2024年2月17日(土)から3月29日(金)まで。

「イッタラ」について

イッタラ作品

フィンランドのライフスタイルブランド「イッタラ」。1881年にフィンランド南部の「イッタラ村」に設立されたガラス工場が始まりです。140年以上もの歴史の中で、アルヴァ・アアルトやカイ・フランクなど、フィンランドデザインの発展を牽引した建築家やデザイナーと共に歩み、“美しさと機能性をすべての人に提供する”という思想のもと作り出されているプロダクトは、現在も世界中で愛されています。

「イッタラ展」開催

アアルトベースの展示風景

「イッタラ」の創立140年を記念して「フィンランド・デザイン・ミュージアム」が2021年に開催した展覧会を再構成した、今回の「イッタラ展」。20世紀半ばのクラシックデザインからモダンデザインのガラスを中心に、陶器や磁器を展示しています。

バードバイトイッカシリーズの展示風景

さらに映像やインスタレーションも交え、作品や資料を通して、技術や哲学、デザインの美学に迫る、見ごたえのある内容です。また、日本での展示では、さらに「イッタラ」と「日本」との関係に焦点を充てた章が追加されています。

時代を超えて人気の「イッタラ」のプロダクトの歴史を紐解く展覧会。
「イッタラ」の世界を堪能できる機会をどうかお見逃しなく! 

【開催概要】
会期:2月17日(土)~3月29日(金)会期中無休
開館時間:10:00~19:30(入場は閉館30分前まで)
入館料:一般1,000円(800円)、高・大学生800円(600円)、小・中学生600円(400円)
※( )内は前売券(販売は1月2日〈火〉~2月16日〈金〉)
※「美術館『えき』KYOTO」の「イッタラ展」と、「京都シネマ」の映画「アアルト」の鑑賞チケットで相互割引があります。詳細は公式サイトを確認ください

※【画像・参考】「ジェイアール西日本伊勢丹」

○店舗情報
店名:「美術館『えき』KYOTO」
住所:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 京都駅ビル(MAP
営業時間:10:00~19:30(入場は閉館30分前まで)
定休日:展示入替期間
公式サイト


関連記事