カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
今年の節分「恵方巻」は贅沢から変わり種まで!大丸心斎橋店のデパ地下に注目

公開:2024.02.01

今年の節分「恵方巻」は贅沢から変わり種まで!大丸心斎橋店のデパ地下に注目

2024年2月2日(金)~3日(土)、「大丸心斎橋店」(大阪府大阪市中央区心斎橋筋)の本館B1・B2F食品売り場の各店舗にて、バラエティー豊かな恵方巻が販売されます。定番の味から高級逸品まで、お好みの恵方巻に舌鼓を打ちながら今年の福を祈っちゃいましょう♪

今年の節分は2月3日(土)、恵方は東北東です。2024年2月2日(金)~3日(土)の2日間、「大丸心斎橋店」(大阪府大阪市中央区心斎橋筋)の本館B1・B2食品売り場の各店舗にて恵方巻が限定販売されます。

毎年恒例のヒット商品はもちろん、定番や高級逸品、各店舗の個性が光る変わりネタとバラエティーに富んだラインアップが登場。ハーフサイズや食べやすいサイズもあるので、家族や友人とわいわい楽しんでみませんか?

こぼれ落ちそうなボリュームの海鮮巻き!「福来!こぼれ贅沢巻」

むろや別邸の福来こぼれ贅沢巻
「福来!こぼれ贅沢巻」(10,000円)

本館B1Fの「むろや別邸」では、あふれる具材が目をひく「福来!こぼれ贅沢巻」が登場。エビの頭がのぞく太巻には、酢飯が見えなくなるほどのアワビ、ウニ、ホタテ、エビが入っています。

また、太巻の上にはキャビアやサーモンがトッピングされ、まさにこぼれんばかり。思わず笑顔になってしまう贅沢な恵方巻は、2月3日(土)のみの販売で要予約です。食べたい人は早めの予約を!

「むろや別邸」からは、ほかにもゆずの酢飯に油揚げやエビ、とびこ、筍、三つ葉、卵を使った定番の恵方巻や「ローストビーフの恵方巻」も販売されます。

魚屋の本気がつまった本マグロづくしの恵方巻も

魚くみの超本マグロづくし恵方巻
「超本マグロづくし恵方巻」(4,319円)

本館B2Fの魚屋「魚くみ」が販売する「超本マグロづくし恵方巻」は10本限定。本マグロの大トロが太巻きの上にも中にも盛られていて、目にも舌にも贅沢な恵方巻となっています。

魚屋さんだからできる本格ネタたっぷりの恵方巻はほかにも。ぎっしりとネタのつまった「本マグロづくし 海鮮恵方巻」やイクラやエビ、イカなどの入った「特上魚くみ海鮮恵方巻」が販売予定となっています。

大きさを1本かハーフから選べるので、いろいろ食べ比べたい人にはぴったりかもしれません。

試してみたい変わり種の恵方巻も登場!

RF1の野菜と愉しむ 海老とアボカドの福恵方巻き
「野菜と愉しむ 海老とアボカドの福恵方巻き」(1本・1,389円、ハーフ・739円)

本館B1Fの「RF1」より登場するのは、変わり種の恵方巻「野菜と愉しむ 海老とアボカドの福恵方巻き」。なんと中にクリームチーズが入っており、味のアクセントになっているのだとか。甘みのある玉子で包んであり、見た目もかわいいサラダ恵方巻きです。

また、同じく本館B1Fの「うお活鮮」では「サーモンクリームチーズロール」が登場します。クリームチーズと相性のいいサーモンのほか、とびこ、サニーレタス、錦糸などが入っており和洋折衷なテイストが気になりますね。酢飯が外側、海苔が内側にくるように裏巻きにした、見た目も個性的な一品です。

「大丸心斎橋店」の各店舗から販売される恵方巻はバラエティー豊かでついつい目移りしてしまいそう。各恵方巻はなくなり次第終了です。
予約が必要な場合もあるので、気になる商品は今からチェックしておくと◎。

※【画像・参考】「大丸松坂屋百貨店」

○店舗情報
店名:「大丸心斎橋店」
住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 B1F・B2F(MAP
営業時間:10:00~20:00
※最新の営業時間・定休日はHPで確認
公式サイト
Instagram


関連記事