カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
期間限定!滋賀・石山寺で「光る君へ」大河ドラマ館オープン&源氏物語展

公開:2023.12.07

期間限定!滋賀・石山寺で「光る君へ」大河ドラマ館オープン&源氏物語展

“源氏物語起筆の地”といわれる「石山寺」(滋賀県大津市石山寺)で、「光る君へ びわ湖大津 大河ドラマ館」と「源氏物語 恋するもののあはれ展」が、2024年1月29日(月)から2025年1月31日(金)までオープン!ドラマや「源氏物語」にまつわる展示が楽しめます。

“源氏物語起筆の地”といわれる「石山寺」(滋賀県大津市石山寺)で、「光る君へ びわ湖大津 大河ドラマ館」と「源氏物語 恋するもののあはれ展」が、約1年の期間限定でオープン! 2024年1月29日(月)から2025年1月31日(金)まで。

紫式部「源氏物語」と「石山寺」

石山寺と紫式部

2024年の大河ドラマ「光る君へ」は、「源氏物語」を執筆した紫式部が主人公。真言宗の大本山である「石山寺」は、平安時代に観音信仰が広がると、「石山詣」が貴族の間で流行し、紫式部をはじめ多くの女流文学者も訪れたといいます。

特に紫式部は、「石山寺」参籠中に「源氏物語」を起筆したという伝説があり、本堂の一角にある「源氏の間」は、物語執筆の部屋といわれています。

光る君へ びわ湖大津 大河ドラマ館

大河ドラマ館の会場となる石山寺明王院

大津だからこその「光る君へ」のテーマを掘り下げる、独自インタビューやメイキングなどのオリジナル映像を4Kシアターで上映する他、衣装、小道具などを展示。平安文化と女流文学者たちの企画パネル等の展示もあり、ドラマはもちろん歴史好き、紫式部好きの方も楽しめます。

会場:石山寺明王院

源氏物語 恋するもののあはれ展

もののあはれ展の会場となる石山寺世尊院

「恋」をテーマに、「源氏物語」の和歌を描きおろしイラストや、オリジナル楽曲のミュージックビデオを用いて現代的に表現。色・花・香りなどから、平安時代の文化を体感できるスペースもあります。

会場:石山寺世尊院
【共通展示入館券】
前売券:大人500円、小人250円
※コンビニ販売のみ
※販売は2024年1月28日(日)まで
当日券:
・大人600円、小人300円
・石山寺セット券 大人1,000円、小人450円
※コンビニ、現地窓口販売

※大人は中学生以上、小人は小学生、未就学児無料
※団体券は団体予約サイトにて申し込み

「三井寺」や「大津市歴史博物館」でも、2024年1月から紫式部に関する展示を開催! 
紫式部や「源氏物語」の魅力がよくわかる展示を見れば、大河ドラマ「光る君へ」の視聴がもっと楽しくなります♪

※【画像・参考】「大津市」

○企業情報
企業名:「大津市大河ドラマ『光る君へ』活用推進協議会」
公式サイト
Instagram


関連記事