カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
【閉店】オーストラリア発祥のパイ専門店『パイフェイス』が西日本初登場。8/30(水)、『パイフェイス エキマルシェ大阪ショップ』オープン

2017.08.31

【閉店】オーストラリア発祥のパイ専門店『パイフェイス』が西日本初登場。8/30(水)、『パイフェイス エキマルシェ大阪ショップ』オープン

セイボリー(総菜)パイ、スイーツパイとバラエティ豊かな品揃え。 「パイってこんなに美味しいの!?」と思わずビックリ!

[2021/02/25追記]※同店は2020年8月16日に閉店しました。

メイン

オーストラリア・シドニーで誕生した、ミートパイとコーヒーを主力としたパイ専門店『パイフェイス』。

日本初上陸は、2015年10月。今回オープンの『パイフェイス エキマルシェ大阪ショップ』が全国4店舗目、待望の西日本初出店となる。

外観

店内

店内は、ブランドカラーであるレッドを効かせたスタイリッシュなデザイン。
木目やレンガをセンスよく配し、ホッとくつろげる空間となっている。

ケース

パイは、オーストラリアで人気の「クラシックミンスビーフ」(ミートパイ)などを含む“セイボリー(総菜)パイ”と、日本人にもなじみのある味わいや和の素材を取り入れた日本オリジナルの“スイーツパイ”を用意。パイには可愛い顔を描き、口の形でパイの中身(具)を表している。

ケースアップ

メニュー

パイは店内のオーブンで丁寧に焼き上げられているのも特長!
セイボリーパイは、トップ(ふた部分)とボトム(底部分)で異なる生地を使用。トップはサクサクと軽い食感、ボトムはザクザクとしたしっかり食感。
どのパイもぎっしり具が詰まっているので、ボリュームたっぷり、1つでも大満足(でも美味しすぎてもっと食べたくなる……)♪

単品だけでなく、サラダやスープ、ジュースとのセットもスタンバイ。

ちなみに、セイボリーパイをテイクアウトした場合は、温めて食べるのが断然お勧め!! レンジ(500w)で20~30秒チンして具を温め、続いてトースターで2~3分焼くとさらに生地がサクサクに。少しの手間で、美味しさが格段にUP!

コーヒーは、こだわりの豆をオリジナルローストで提供。「パイフェイスラテ」はラテで描かれるフェイスマークが可愛い! ちなみにフェイスマークは4種類。どの表情に出会えるかは、その日のお楽しみ。

写真右から「クラシックミンスビーフ」、「チキンマッシュルーム」、「チャンキーステーキ」(各421円)
写真右から「クラシックミンスビーフ」、「チキンマッシュルーム」、「チャンキーステーキ」(各421円)
写真右/「パイフェイスラテ」(410円)
写真右/「パイフェイスラテ」(410円)

「商品、ショップ、ブランドを通して、安らぎや温もりを与えられる存在をめざします」と話すのは、『株式会社ダスキン』のパイフェイス運営室長、根本誠之さん。「日常生活の中に、普通にパイがあるということが、日本でも根付いて欲しいですね」と語る。

現在、“Happy Halloween”をテーマに、かぼちゃ、栗を使用した日本オリジナル商品も5種(パイ3種・ドリンク2種)を期間限定で販売中。

少し遅めのモーニング、ランチ、おやつ、買い物の合間のカフェタイム。テイクアウトや、お土産にも。さまざまな使い方ができる『パイフェイス エキマルシェ大阪ショップ』へぜひ足を運んでみて。

スタッフさん提供

「Pie face エキマルシェ大阪ショップ」

(パイフェイス エキマルシェオオサカショップ)
住所
大阪市北区梅田3-1-1(エキマルシェ大阪 Marche’s Kitchenゾーン)
アクセス
JR「大阪駅」直結
営業時間
7:30~23:00(L.O.22:45)
定休日
不定休(『エキマルシェ大阪』に準ずる)
電話番号
SNS
その他情報

[2021/02/25追記]※同店は2020年8月16日に閉店しました。


関連記事