カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【弁天町】アートホテル大阪ベイタワーのイチゴブッフェに潜入(編集部レポ)

2022.03.04

【弁天町】アートホテル大阪ベイタワーのイチゴブッフェに潜入(編集部レポ)

「アートホテル大阪ベイタワー」(大阪府大阪市港区弁天)で開催中のストロベリースイーツビュッフェの第2弾となる「ピンクゴシック×ロリータ」を編集部が取材してきました。51階からの美しい眺望を楽しみながら美味しいスイーツが堪能できます!

2022年3月1日(火)から4月末まで「アートホテル大阪ベイタワー」(大阪府大阪市港区弁天)51階の「スカイビュッフェ 51」では、ストロベリースイーツビュッフェ第2弾「ピンクゴシック×ロリータ」が開催されています。

「ピンクゴシック×ロリータ」の世界を苺スイーツで表現

アートホテル大阪ベイタワービュッフェのスイーツ

今回のテーマカラーのピンク&ブラックと日本のKawaii文化、ポップカルチャーのひとつである「ロリータ」を掛け合わせた、可愛くも重厚感のある世界を12種類のストロベリースイーツで表現しているのだとか。

アートホテル大阪ベイタワービュッフェのスイーツ別カット

その全貌を確かめるべく、さっそく店内へ!

51階から始まる「ゴシックロリータ」の世界

アートホテル大阪ベイタワーのスカイビュッフェエントランス

エレベーターをおりた瞬間、店内入口の両サイドには、別世界の空間へいざなうような華やかなロリータ装飾が迎えてくれます。

アートホテル大阪ベイタワーのスカイビュッフェ店内別カット

天井を覆いつくすほどの鮮やかでラグジュアリー感漂うメインフロアの装飾は、もはや別世界です。また、こちらのフロアは海側と市内側が眺望できるお席に分かれており、時間や季節によって様々な景色も楽しめます。

魅惑のストロベリースイーツ

12種類のストロベリースイーツからご紹介します!

●PINK EMPRESS(ピンクエンプレス)

アートホテル大阪ベイタワーのピンクエンブレス

ストロベリー生クリームでゴシック調の繊細な模様のドレスを表現。また、ドレスがピンクのグラデーションになっています。細かなデザインも女心をくすぐりますね。

アートホテル大阪ベイタワーのピンクエンブレスの断面

甘さ控えめで、中にもゴロゴロのイチゴが隠れています。カットするのがもったいないくらい、このままずっと眺めていたくなるストロベリードレスケーキです。

●THE GOTHIC EMPEROR(ザ ゴシックエンペラー)

アートホテル大阪ベイタワーのザゴシックエンペラー

ダークチョコレートがしたたり落ちるストロベリーパウンドケーキ。ピスタチオやアーモンド、くるみなどのナッツ類がデコレートされていてカリスマ的な印象をあたえるスイーツです。しっとりとしたパウンドケーキにビターなチョコレートとナッツの香ばしさが香る、大人味のケーキです。

●STRAWBERRY LOVERS(ストロベリーラヴァーズ)

アートホテル大阪ベイタワーのシュークリーム

中のクリームは、生クリームとカスタードクリームの2層になっています。ポイントはハート型のフレッシュなストロベリー。シュー生地は「サクふわ」で何個でもいけちゃいます。

●SPRING MOON(スプリングムーン)

アートホテル大阪ベイタワーのマカロン

おなじみのマカロンまで「ピンクゴシック×ロリータ」に。春の月というネーミングも素敵!

●TEMPERANCE(テンパランス)

アートホテル大阪ベイタワーのストロベリーヴェリーヌ

ずらっと並ぶ「TEMPERANCE(ストロベリーヴェリーヌ)」。目移りしてしまうほど可愛いヴェリーヌたち。どれも甘さ控えめでたくさんいただけました。

他にも、自分好みのパフェやクレープをパティシエが作ってくれる「ライブキッチン」などもあり、スイーツだけでお腹がいっぱいになりそうです。

セイボリーも見逃せない

「アートホテル大阪ベイタワー」のビュッフェの隠れた魅力は、スイーツビュッフェなのにセイボリーが本格的でゴージャスなメニューが多いこと!

アートホテル大阪ベイタワーのブラックアンガス牛ステーキ調理シーン

アートホテル大阪ベイタワーのブラックアンガス牛ステーキ

例えば「ライブキッチン」。目の前でシェフが料理を仕上げてくれるのですが、今回のメニューはなんと「ブラックアンガス牛ステーキ(※ディナーのみ)」や「ハーブ・スパイス香るポルケッタ(イタリアンローストポーク ※ランチのみ)」、「サワラのグリル ラタトゥイユソース」や出来立てパスタやニョッキなどが提供されます。

アートホテル大阪ベイタワーのセイボリー

ライブキッチン以外のメニューには、「特製牛ほほ肉の赤ワイン煮込み(※ディナーのみ)」や「ホタルイカのプランタニエ」など、全ての料理がコース料理でいただけそうなグレードなんです。こちらのメニューがビュッフェとして何種類も好きなだけ食べられるなんて幸せですよね。

「アートホテル大阪ベイタワー」のスイーツビュッフェへ出かけてみて

アートホテル大阪ベイタワーのスカイビュッフェ店内

「ベイタワー」と聞くと「遠いの?」と想像するかもしれませんが、JR「大阪駅」から電車で約8分&「弁天町駅」直結なので意外と近くて便利な立地なんです。まだ行った事がないと言う方もぜひ足を運んでみてください。市内の喧噪からたった8分で別世界を堪能できますよ。

また、今回紹介したスイーツビュッフェは、ピンク色の服またはドレス着用で来店すると500円オフ(公式HP、電話からの予約に限る)になる「ピンクドレスキャンペーン」を実施しているので、ぜひドレスアップして出かけてみてくださいね。

編集部のおすすめは、やはりディナービュッフェ! 51階からの素晴らしい夜景を眺めながら、非日常な別世界に思いを馳せてはいかがでしょうか。

STRAWBERRY SWEETS COLLECTION II “PINK GOTHIC LOLITA TABLE”
■期間:2022年3月1日(火)~4月30日(土)
■場所:アートホテル大阪ベイタワー 51階「SKY BUFFET 51(スカイビュッフェ 51)」
■時間・料金:
【ランチビュッフェ】11:30~15:30(L.O.15:00)※90分制、入店5回に分かれます
大人 平日4,000円、土日祝4,500円
子ども 平日2,000円、土日祝2,300円
【ディナービュッフェ】17:00~22:00(L.O.21:30)※90分制、入店7回に分かれます
大人 平日5,300円、土日祝6,000円
子ども 平日2,600円、土日祝3,000円
※税・サービス料込み


○店舗情報
店名:「アートホテル大阪ベイタワー『SKY BUFFET 51(スカイビュッフェ 51)』」
住所:大阪府大阪市港区弁天1-2-1(MAP
公式サイト 
Instagram 

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。


ライター

PrettyOnline 編集部レポ

PrettyOnline編集部が、新商品を試食した感想や注目アイテムを試した感想をレポート!

このライターの記事をもっと読む

関連記事