カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【京都】休日散歩にぴったり!「鴨川デルタ」など鴨川のおすすめスポット5選

2021.10.09

【京都】休日散歩にぴったり!「鴨川デルタ」など鴨川のおすすめスポット5選

京都・鴨川周辺の散歩、観光やピクニックにぴったりなおすすめスポットを5つ紹介します!京都を代表する河川の鴨川。全長約23キロメートルの川沿いには、広い範囲で歩道が整備されています。河原に一定のスペースを空けてカップルが座る「鴨川等間隔の法則」も有名ですよね。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

【1】夏には納涼床がずらり「三条大橋」「四条大橋」エリア

三条大橋や四条大橋エリア

@kix_dayinmylife
icon

繁華街にほど近く、人の行き来が多い「三条大橋」「四条大橋」。このあたりの河川敷の歩道は幅が広いため歩きやすく、ショッピングなどのついでに河原に降りて散策する人も多いです。

また、「三条大橋」から「四条大橋」間の西岸には、町屋が並び京都らしい風景が広がっています。町屋の多くが料亭や旅館であり、5月頃から9月頃までこのエリアに並ぶ鴨川納涼床は言わずと知れた京都の夏の風物詩。

町屋が並ぶ京都らしい風景

@yoshikatsu_nagaya
icon

夜になると町屋の灯りが川面に映り、美しい水鏡に。「四条大橋」付近の「東華菜館」や「南座」などのレトロな建物とともに、情緒ある美しい夜景も楽しめます。


▼周辺のおすすめカフェもチェック!


【2】舟の形がインスタ映え!「二条橋」付近の飛び石

鴨川には橋のほか、対岸に渡れる飛び石も数カ所に配されています。飛び石は場所によって色々な形のものが配されていますが、「二条橋」北側で見られるのが舟形の飛び石。
かつて京都の水運を支えた高瀬舟をモチーフにしているのだそうです。

二条橋北側で見られる舟形の飛び石

@fangchen74
icon

舟形飛び石の上に乗って写真を撮れば、まるで鴨川に小舟で浮かんでいるかのような可愛い1枚が撮れますよ!
舟の形以外に、千鳥の形の飛び石もあるので訪れた際には探してみてくださいね。

【3】大人も子どもも楽しめる「荒神橋」付近の飛び石

荒神橋付近の飛び石

@tomo_coconut.555
icon

「二条橋」よりもさらに上流の「荒神橋」付近には、可愛らしい亀の形の飛び石があります。
亀の石は「鴨川デルタ」付近でも見ることができますが、鴨川の中で特に多い亀の石が見られるのがこの場所です。
亀の飛び石は複数のアニメ作品にも登場しており、アニメファンにも人気の高いスポットです。
見た目が可愛いだけでなく、鴨川の飛び石は実用的。川を渡るのに橋を使わず、飛び石を使う地元の人も多いのだとか。
水量が多いときは飛び石が水面より下に隠れていることも多いので、飛び石目当ての人は雨が降った次の日などに訪れるのは避ける方がよいでしょう。


▼周辺のおすすめカフェもチェック!


【4】賀茂川と高野川の合流地点「鴨川デルタ」

鴨川デルタの風景

@boxofrain1972
icon

京阪「出町柳駅」を降りてすぐ、賀茂川と高野川の合流地点である三角州「鴨川デルタ」。映画の舞台や小説のワンシーンとして使われることも多く、他府県から多くの観光客も訪れます。

休日になると家族づれやカップルなどがレジャーシートを敷いてピクニックをしている光景も見られます。付近にはおしゃれなカフェや飲食店も多いので、フードをテイクアウトして「鴨川デルタ」で食べるのもオススメです!

後方には比叡山や大文字山があり、京都を代表する川と山がコラボレーション。雄大な自然の美しさを感じながらのんびりとくつろげる、京都市民憩いの場所です。

【5】橋の上から写真を撮りたい!「北山大橋」

北山大橋の夕空

@keitakahata
icon

「鴨川デルタ」付近にかかる「出町橋」から「北山大橋」にいたる河原は、木立に囲まれた遊歩道が整備されており、散歩やジョギングにぴったり。
このエリアで特におすすめなのは、「北山大橋」に上がって見る鴨川の景色です。特に夕暮れ時が美しく、橋からの風景を写真におさめに来る人も多いのだそう。

鴨川の落差工

@yu.fuka_photo
icon

小さな滝のようで写真映えする川の段差は“落差工”とよばれるもの。
傾斜が急で水流に加速がつきやすい鴨川は大きな洪水を起こしたことがあり、段差で流れを弱めて水害を防ぐために“落差工”が作られました。
“落差工”は「北山大橋」付近以外に、鴨川の約50カ所に設けられています。

鴨川散策の注意点

近年、鴨川の遊歩道や公園などに放置されたゴミが問題になっています。
特に新型コロナウイルスの拡大により飲食店の酒類提供や営業時間に自粛要請が出ている期間は、鴨川で野外飲み会を開く人たちが相次ぎ、河川敷には放置された空き缶などが散見されました。
京都府や市民団体が声かけや清掃を行っていますが、コロナ禍での鴨川河川敷での大人数・長時間の飲食は控えましょう。

また、コロナ禍に関わらずゴミは各自で持ち帰り、美しい鴨川を全ての人が守っていく心がけが必要です。

川のせせらぎを聞きながら鴨川を散策しよう

今回は鴨川のおすすめスポット5カ所を紹介しました。
川のせせらぎを聞きながらウォーキングやジョギングをすれば、日頃の運動不足解消にもなりますよ!
気温も下がり過ごしやすい秋。鴨川散策に出かけてみてはいかがでしょうか?

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。


ライター

中村 ゆか

京都の情報誌で編集兼ライターを経験したのち、現在はフリーライターとして活動中。食べ物、化粧品、寺社仏閣が好き。レビュー記事や取材記事など、自分が体験したことを文章にするのが得意です。

このライターの記事をもっと読む

関連記事