カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【種類豊富なチェキを大解剖】おすすめチェキ7選と選ぶポイント5つ

2021.03.04

PR:エディオンなんば本店

【種類豊富なチェキを大解剖】おすすめチェキ7選と選ぶポイント5つ

今、注目を集めるインスタントカメラ「チェキ」。ただ写真を撮るだけではなく、今どきのチェキは高スペックで楽しみ方は想像以上!種類がたくさんあってどれを買えばいいのか迷うという方に、楽しみ方別おすすめモデルと選び方のポイントを徹底紹介します。

撮った写真をすぐにプリントでき、その場で楽しめるのが「チェキ」の魅力。
デジカメやスマホカメラとは一味違う写真が撮れたり、撮った写真を友達とシェアできたり、いろんな楽しみ方ができるチェキの魅力に迫ります。

「エディオンなんば本店」のチェキ売り場を取材!

エディオンなんば本店の葛谷さん
「チェキを買うときに迷ったらお声がけください!」と葛谷(くずたに)さん

今回、チェキの選び方を教えてくれるのは「エディオンなんば本店」のカメラ売り場スタッフ・葛谷圭亮さん。

売り場にはカラフルなチェキ(正式名称:instax)をはじめ、スマホプリンターや様々な種類のフィルム、チェキ用アルバムなどがズラリと並びます。

※販売フロア:2階

チェキは【プリントサイズ×スペック】で分けられる

チェキ集合写真
写真左から、instax mini 90、instax mini LiPlay、instax mini 11、instax SQUARE SQ1、instax SQUARE SQ6

チェキはプリントサイズ別で分けると3種類あります。

縦型のカードサイズの「instax mini」、1:1のスクエア型の「instax SQUARE」、miniの2倍サイズで大きく撮れる「instax WIDE」。

さらに、スペック別に分けると「アナログ」と「ハイブリッド」に分けられます。
「アナログ」はシンプルな操作で扱いやすいインスタントカメラ。
それに対して「ハイブリッド」は、「アナログ」のチェキにデジタルイメージング技術を融合し、様々な機能がついたりカメラ内の写真を選んでプリントできたりするのが特徴です。

【プリントサイズ×スペック別チェキの種類】
●縦型×アナログ
instax mini 11、instax mini 25、instax mini 90
●縦型×ハイブリッド
instax mini LiPlay
●スクエア×アナログ
instax SQUARE SQ1、instax SQUARE SQ6
●スクエア×ハイブリッド
instax SQUARE SQ20
●ワイド×アナログ
instax WIDE 300

チェキを選ぶときのポイント5つ

チェキを購入するとき、たくさんある種類の中から一つを選ぶのは難しいですよね。
今回は「エディオンなんば本店」の葛谷さんに楽しみ方別おすすめのチェキを教えてもらいました。

(1)かわいいカラーやデザインで選びたい

チェキインスタックスミニ11
instax mini 11(各8,580円)

まずは見た目重視!という方におすすめなのが「instax mini 11」。
かわいいパステルカラーで、コロンとしたデザインも◎。

「カラーバリエーションが豊富で、機能はシンプルで使いやすいです。手頃な価格のため初心者にもおすすめです。また明るさをオートで調整してくれるのがポイントですね」(葛谷さん)。

(2)インスタントカメラならではのワクワク感を楽しみたい

チェキインスタックスミニ11とスクエア1
写真左から、instax mini 11(8,580円)、instax SQUARE SQ1(13,750円)

インスタントカメラといえば、撮ったその場でプリントされるのでどんな写真が出てくるのかドキドキワクワクしますよね。

そんな良さを味わいたいなら「instax mini 11」や「instax SQUARE SQ1」を。

「アナログタイプのチェキはシャッターボタンを押すだけで写真が出てくるので、少しずれていたり、目をつむっていたり……なんて写真が撮れる場合も。そんな時はフィルムにペンで落書きして楽しむこともできます」(葛谷さん)。

(3)アートな写真を撮りたい

インスタックスミニ90とスクエア20
写真左から、instax mini 90(20,680円)、instax SQUARE SQ20(24,750円) ※SQ20はサンプル商品です

「インスタントカメラは撮った写真をすぐにプリントできるだけ」というのは過去のハナシ。今はアートっぽい写真を撮ることもできます!

そんな楽しみ方をしたいなら、光の軌道を撮影できる「バルブモード」や、分身写真&幻想的な写真が撮れる「二重露光モード」が搭載されている「instax mini 90」と「instax SQUARE SQ20」がイチオシ。

「シャッタースピードをゆっくりすることで光の線を捉えた写真が撮れたり、夜景がいつもより鮮やかに撮れたりします。また『二重露光モード』は2回シャッターを押すことで1枚のフィルムに画像を重ねることができます。普通のカメラでは難しいので、アートな写真を撮りたい方におすすめです」(葛谷さん)。

(4)写真の失敗やフィルムは無駄にしたくない

インスタックススクエア20とリプレイ
写真左から、instax SQUARE SQ20(24,750円)、instax mini LiPlay(19,250円) ※SQ20はサンプル商品です

チェキのフィルムは別売りのため、撮影に失敗してフィルムを無駄にしたくないという方には、液晶モニター付きで画像選択プリントができるモデルがおすすめ。

「『instax mini LiPlay』や『instax SQUARE SQ20』はアナログとデジタル、両方の良さを備えたハイブリッドタイプです。マイクロSDカード対応(※別売)で、データに保存しておけばいつでもお気に入りの写真をプリントできるのが魅力です」(葛谷さん)。

ちなみに「instax mini LiPlay」はスマホプリンター機能も付いています。

(5)大人数で撮影したい

インスタックススクエア6と1
写真左から、instax SQUARE SQ6(14,850円)、instax SQUARE SQ1(13,750円)

イベントやパーティー、結婚式や卒業式など大人数で撮影したい方はスクエアタイプのチェキが便利。

「フィルムサイズが『instax mini』の1.3倍と大きいため、顔も大きく映ります。背景や会場の雰囲気を一緒に撮影できるのも嬉しいですね」(葛谷さん)。

チェキのスマホプリンターにも注目

チェキスマホプリンター
instax mini Link(各14,850円) ※フィルムは付きません

スマホで撮影した写真を簡単にプリントできる「instax mini Link」。スマホで見直すのもいいけれど、実際にプリントして友達に渡したり、家に飾ったり、楽しみ方が広がります。

「専用アプリを使えばフィルター加工や動画のプリント、コラージュ、相性診断などもできます。また『instax mini Link』は持ち運ばなくていいので、荷物を減らしたい方にもおすすめです」(葛谷さん)。

フィルムはフレームもサイズも多種多彩

チェキフィルム
写真上段左より、instax SQUARE film レインボー(1,210円)、instax mini film レインボー(825円)、instax mini film モノクローム(970円)
写真下段左より、instax mini film ステンドグラス(825円)、instax mini film マカロン(860円)、instax SQUARE film ホワイトマーブル(1,210円)

チェキを使うときの楽しみの一つがフィルム選び。
「エディオンなんば本店」で取り扱っているフィルムはなんと約20種類!

定番の白フレームやポップな絵柄フレームなどが揃います。

「個人的には『モノクローム』がおすすめです。味のある、雰囲気の良い写真が楽しめますよ」(葛谷さん)。

使用シーンや被写体によって、フィルムを変えて楽しむのもいいですよね。

チェキをもっと楽しむアイテム

チェキ用アルバム

チェキ用アルバム
チェキポケットアルバム(各660円)

チェキで撮った写真を入れるのにぴったりなサイズのアルバム。
表紙に写真が飾れるのでプレゼントにも◎。

チェキケース

チェキケース
写真右:instax mini 11用カメラケース(2,090円) ※チェキは付きません

高級感のある見た目で所有感が満たされる「instax mini 11」用の純正ケース。
ショルダー付きなので持ち運びにも便利。チェキと色を合わせてもかわいいですよね!

セルフィーライト

セルフィーライト
クリップ式LED自撮りライト SELFIE LIGHT(各2,170円)

スマホ用の自撮りライトはチェキを使うときにも役立ちそう。
顔色が明るくなるだけでなく、瞳の中にハートや星が光ります。

まだまだあるチェキの楽しみ方

チェキで撮影する女性

「チェキの魅力は、撮影した瞬間、どんな風に写っているかわからないドキドキ感と、撮影した写真がその場で手元に残るライブ感」だと葛谷さん。

撮影した写真を飾ったり、プレゼントしたり、撮影モードで遊んだり、アプリを利用したりとチェキの楽しみ方はいろいろ!

他にも、好きなアイドルの写真やお気に入りのイラストをチェキで撮影して小さいポスターを自作する(あくまで個人的に楽しむ用)、買った靴の写真を撮って箱に貼り付けメモ代わりに使う、などさまざまな楽しみ方ができます。

大切な一瞬をチェキで残そう

今回はインスタントカメラ「チェキ」のおすすめモデルと選び方や楽しみ方をご紹介しました。

何気ない日常の中での1シーンや、セレモニーやイベントなどスペシャルな日の1シーンをチェキで残してみませんか?

チェキ&限定品はこちら

※価格はすべて2021年2月22日現在の価格です。詳細はお問い合わせください。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

「エディオンなんば本店」

(エディオンナンバホンテン)
住所
大阪府大阪市中央区難波3-2-18
アクセス
Osaka Metro御堂筋線「なんば駅」より徒歩2分、南海「なんば駅」より徒歩4分、近鉄・阪神「大阪難波駅」より徒歩5分、JR「難波駅」より徒歩9分
営業時間
1〜8階 10:00〜21:00
定休日
無休
※保守等により臨時休業する場合あり
電話番号
SNS
その他情報

1〜8階
※2021年6月18日(金)〜は短縮営業で10:00〜20:00

 

9階『なんばラーメン一座』は11:00〜20:00(L.O.19:30)
※酒類の提供は自粛

 

※その他、専門店の営業時間については公式HPにて確認を
※変更期間は未定のため、決まり次第随時HPにて更新


関連記事