カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
『中村藤吉本店』のほうじ茶をパンで!人気ブーランジェリーに冬の新作登場

2020.12.17

『中村藤吉本店』のほうじ茶をパンで!人気ブーランジェリーに冬の新作登場

京都宇治の『中村藤吉本店』のほうじ茶を使ったパンやフランスの伝統菓子で、冬のおうち時間を楽しみませんか?全国に11店舗を展開するブーランジェリー『BOUL’ANGE(ブールアンジュ)』に、2020年12月26日(土)、この冬だけしか味わえない新作が揃います。

パン通の間でも人気のベーカリーショップ『BOUL’ANGE』に、今冬、京都宇治の老舗茶商『中村藤吉本店』のほうじ茶を使ったパンやガレット・デ・ロワが登場します。

※『中村藤吉本店』の「吉」は“つちよし”

人気No.1のクロワッサンもほうじ茶味に!

12月26日(土)~2021年1月31日(日)に開催される「ほうじ茶フェア」では、ほうじ茶を贅沢に使った4種の新作がお目見え。

『BOUL’ANGE(ブールアンジュ)』ほうじ茶フェア
写真奥より時計回りに「ほうじ茶クロワッサン」(280円)、「ホワイトチョコとユズのほうじ茶ブレッド」(1本600円/ハーフ300円)、「ほうじ茶クイニーアマン」(180円)、「オレンジミルククリームのほうじ茶ヴィエノワ」(280円)

注目は、ほうじ茶を加えたクロワッサン生地にホワイトチョコを巻き込んで焼いた「ほうじ茶クロワッサン」!
1日2,000個を売り上げるという同ブランド人気No.1のクロワッサンが、『中村藤吉本店』のほうじ茶でどう変化するか、必食です。

フランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」、今冬は2種

「ガレット・デ・ロワ」とは、フランスでは昔から新年のお祝いには欠かせないお菓子。

『BOUL’ANGE(ブールアンジュ)』ガレット・デ・ロワ
写真左「ガレット・デ・ロワ プレーン」(ホール3,000円/1カット380円)、写真右「同 ほうじ茶」(ホール3,600円/1カット450円)

サクサクのパイ生地にオレンジリキュールとラム酒で香り付けしたアーモンドクリームをたっぷり絞り入れた『ブールアンジュ』の「ガレット・デ・ロワ」は、毎年楽しみにしているファンが多い商品。
今年は12月26日(土)~2021年1月11日(月)に販売されます。
しかも今回は、プレーンと、生地にほうじ茶を加えたフレーバーも追加!

『BOUL’ANGE(ブールアンジュ)』ガレット・デ・ロワのオリジナルフェーブ
「ガレット・デ・ロワ」のホールは、有田焼で仕上げたオリジナルフェーブ付き
※フランスでは「ガレット・デ・ロワ」の中にフェーブが仕込まれていますが、同店では誤飲防止のため別添となります

関西ではJR「京都駅」改札内に店舗あり。
一部商品はオンラインショップでも購入可能です!

※【画像・参考】『BOUL’ANGE』
※本記事内の価格はすべて税別

『BOUL’ANGE JR京都駅店』

(ブルーアンジュ ジェイアールキョウトエキテン)
住所
京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
アクセス
JR「京都駅」構内西口改札内
営業時間
10:00~20:00
定休日
不定休
電話番号
SNS

関連記事