カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
ヨーロッパの“魔女”の歴史と真実を日本初公開! 「魔女の秘密展 ~ベールに包まれた美と異端の真実~」

2015.01.06

ヨーロッパの“魔女”の歴史と真実を日本初公開! 「魔女の秘密展 ~ベールに包まれた美と異端の真実~」

今までうかがい知ることのできなかった“魔女”がここに!! “魔女”をテーマにした本格的かつ大規模な展覧会が天保山で開催決定

シュパンゲンベルク・グスタフ=アドルフ ≪ワルプルギスの夜≫ 1862 年 ハンブルク市立美術館(ドイツ) (C)Hamburger Kunsthalle /bpk Photo: Elke Walford
シュパンゲンベルク・グスタフ=アドルフ
≪ワルプルギスの夜≫
1862 年
ハンブルク市立美術館(ドイツ)
(C)Hamburger Kunsthalle /bpk Photo: Elke Walford

悪魔と契約を交わし、超自然的な力を得て人々に災いをもたらすとされた“魔女”。

グリム童話の魔女や有名絵画などからも推測できるように、ヨーロッパでは古くから魔女の存在が信じられており、空想と現実の世界をたゆたうその存在は、人々を脅かせてきた。

しかし、15~17世紀にかけて行われた「魔女狩り」によって、民衆が“魔女”に仕立て上げられ、迫害を受けることになった。

「魔女狩り」の発端はなんだったのか、どのような人が“魔女”に仕立て上げられ、その対象は本当に女性だけだったのか……。

3/7(土)~、『大阪文化館・天保山』で開催される「魔女の秘密展 ~ベールに包まれた美と異端の真実~」では、知られざる存在であった“魔女”を、日本で初めて多角的に紹介。

ドイツ、オーストリア、フランスの30ヶ所以上の美術館・博物館の全面協力のもと、絵画やまじない道具、魔女裁判に関する書物や資料、拷問道具など、日本初公開を含む貴重な作品約100点を一堂に紹介。

さらにメディアインスタレーションを使用し、「異端審問」や「火あぶりの刑」シーンも体験できる。

本展音声ガイドのナレーションは、俳優・佐々木蔵之介が担当。

日本でイメージする“魔女”とは異なる、「本当の魔女」の姿とは!?
妖しくも悲しい魔女の魅力と歴史の真実を紐解いていく。

≪刺(とげ)のある椅子≫ 19 世紀 ローテンブルク中世犯罪博物館(ドイツ) (C) The Mainichi Newspapers
≪刺(とげ)のある椅子≫
19 世紀
ローテンブルク中世犯罪博物館(ドイツ)
(C) The Mainichi Newspapers
≪死刑執行人の鉄マスク≫ 16 世紀 ライトナー・コレクション (C)Sammlung Leidner
≪死刑執行人の鉄マスク≫
16 世紀
ライトナー・コレクション
(C)Sammlung Leidner
テレーザ・フェオドロヴナ・リース ≪魔女≫ 1895 年 ウィーン美術館(オーストリア) (C) WIEN MUSEUM KARLSPLATZ
テレーザ・フェオドロヴナ・リース
≪魔女≫ 1895 年
ウィーン美術館(オーストリア)
(C) WIEN MUSEUM KARLSPLATZ

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
「魔女の秘密展 ~ベールに包まれた美と異端の真実~」
【期間】3/7(土)~5/10(日) ※会期中無休
【開館時間】10時~17時(土・日・祝~18時)※入場は閉館30分前まで
【会場】大阪文化館・天保山 大阪市港区海岸通1-5-10(海遊館となり)
【入場料】一般1500(1300)円、大学・高校生1200(1000)円、中学・小学生600(400)円
※()内は前売、20名以上の団体料金 ※前売販売期間:~3/6(金)
※未就学児入場無料
【主催】毎日新聞社朝日放送東映
【後援】ドイツ観光局
【問】TEL.0570-063-050(10時~20時/ローソンチケット内)
【公式HP】http://majo-himitsu.com/
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
◆「魔女の秘密展 ~ベールに包まれた美と異端の真実~」ペア招待券を5組10名に!◆
─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
プレゼントはこちらから応募してね♪
─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
※応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました!


関連記事