カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
【難波】裏なんばの行列カフェ『CAFE ANNON』で大人のシメパフェとパンケーキ

2019.10.26

【難波】裏なんばの行列カフェ『CAFE ANNON』で大人のシメパフェとパンケーキ

北海道・札幌では飲み会の後に食べる「シメパフェ」文化が発達していますが、そんなシメパフェをここ大阪でも堪能したい!『CAFE ANNON(カフェアンノン)』のシメパフェと、看板メニューのふわふわパンケーキをご紹介。

CAFE ANNONの外観

難波から日本橋の間に位置し、千日前のあたりを指す裏なんば。個性的な居酒屋やグルメ店が立ち並ぶこのエリアに『CAFE ANNON』はあります。飲屋街にあるカフェということで、ディナー終わりの時間にもずらりと行列ができています。

CAFE ANNONの1F
1F
CAFE ANNONの2F
2F

店内はナチュラルな木の風合いを生かした空間で、ゆったりくつろげる雰囲気。裏なんばの賑やかさとは一線を画すシックな店内だから、飲んだ後、帰宅前にちょっと落ち着きたいときなどにぴったりです。

18時以降はシメパフェをオーダーすべし!

『CAFE ANNON』では、18時以降にオーダーできる5つの「シメパフェ」が大人気! 発祥の地、北海道・札幌にある『札幌パフェ推進委員会』にシメパフェ使用の許可を取り、『CAFE ANNON』オリジナルのパフェに仕立てています。

シメパフェはそれぞれビール、赤ワイン、梅酒、日本酒、ブランデーが使われており、アルコールの風味が香る大人テイスト。

「ブランデーNON」(1,280円)

ブランデーNON

ブランデーで作ったゼリーにオレンジ、キウイ、マスカット、黄桃を加え、チョコアイスをトッピングした「ブランデーNON」。別添えのブランデーをかけて食べてもよし、アルコールが苦手な人はそのまま食べてもよしな、大人のためのパフェです。

ブランデーをかけている様子

ブランデーをかけて……

ブランデーNONをスプーンですくっている様子

いただきます!

ブランデーの香りが鼻からフッと抜け、コク深いチョコレートアイスとまろやかに溶け合ってとっても贅沢な味わい。ジューシーなフルーツやゼリーの軽やかな喉越しも相まって、するするとスプーンが進みます。

「日本酒NON」(1,280円)

日本酒NON

こちらは、日本酒がテーマのシメパフェ「日本酒NON」。クラッシュした白桃のゼリーにすだちのシャーベットと生クリームをたっぷり使用して作っているクリーミーなクレミアソフトをトッピングし、爽やかさの中に上品な甘みを感じます。

大吟醸酒をかけている様子

別添えの日本酒は大吟醸酒!

日本酒NONをスプーンですくっている様子

白桃ゼリーとすだちシャーベットの爽やかさ、クレミアソフトのまろやかさ、キリリと香る日本酒のバランスがたまりません! すくう場所によって味わいが異なるのも楽しいポイント。フランボワーズとブルーベリーのアクセントもGOODです。

ふわっふわ!スフレパンケーキ

スフレパンケーキ ふつうNON
「スフレパンケーキ ふつうNON」(1,000円)

『CAFE ANNON』でシメパフェとともに人気なのが、ふわっふわの「スフレパンケーキ」。卵の力でポワンと膨らませた生地を、大きな銅板でじっくり焼き上げて作ります。シンプルな基本のパンケーキ「ふつうNON」に、いちごをたっぷりトッピングした「いちごNON」、彩り鮮やかなフルーツをトッピングした「フルーツNON」など、種類豊富にラインアップ。

ナイフとフォークでパンケーキを切り分けている様子

ナイフとフォークを入れると、ふかふかシュワッとした手応え。噛んだ瞬間溶けてなくなってしまうような、ふっくらとろける食感がたまりません。クリームをたっぷりつけて、口いっぱいに頬張って。

映え確実!フロートも見逃せない

フロート パッションフルーツ
「フロート パッションフルーツ」(550円)

カラフルなフルーツソーダにバニラアイスがのった「フロート」も、見た目のかわいらしさから大人気。フルーツソーダは黄色のパッションフルーツのほか、ラズベリー、ピンクグレープフルーツ、ブルーラズベリー、グリーンアップルの計5種類。涼やかなルックスに胸キュンです!

カラコロ氷を鳴らしながら、シュワシュワ弾けるソーダをコクリ。口いっぱいの爽やかさにまろやかなバニラアイスが加わり、ほっこり和むおいしさです。

裏なんばの人気カフェでシメパフェを

日本酒NONのパフェのアップ

カフェタイムにはパンケーキやフロートが、18時以降はシメパフェが人気の『CAFE ANNON』。裏なんばにあるので飲んだ帰りに立ち寄る人が多く、オープン時から夜まで一日中大賑わいのお店です。

●大人テイストのシメパフェが食べたい!
●映えておいしいカフェグルメが好き
●パンケーキを堪能したい

そんな人にぜひオススメ。
おいしくてかわいいカフェグルメを楽しみに、ぜひ訪れてみてください!

※掲載内容は取材時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

『CAFE ANNON』
(カフェアンノン)

住所
大阪府大阪市中央区難波千日前4-20
アクセス
南海本線「難波駅」、Osaka Metro御堂筋線「なんば駅」徒歩5分
営業時間
11:00〜23:00(L.O.22:00)
定休日
不定休
電話番号
SNS

木村 桂子

ライター

木村 桂子

大阪在住のフリーライター。観光情報をはじめ、インタビューやコピーライティングなどさまざまに執筆しています。カメラを片手に旅するのが好きで、その土地のローカル食をいただきつつ英気を養っています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事