カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
仕事終わりの「くたびれ顔」が復活!パーツ別メイク直し方法

2019.10.18

仕事終わりの「くたびれ顔」が復活!パーツ別メイク直し方法

仕事終わり、鏡にうつる顔が朝とまったく違って見える。日中の仕事疲れやメイクの崩れが顔に出ていると、仕事帰りもなんだか気が重くなってしまいますよね。簡単で自然なメイク直しで、仕事帰りも晴れやかな印象をキープしましょう。

「あれ?なんか私、朝よりブスになってない……?」

夕方、仕事終わりの自分の顔は、朝、家で見たよりくたびれて見えがちです。
単純に仕事の疲労もありますが、エアコンや汗によるメイク崩れが原因のひとつ。

仕事終わりに予定がある日はなおさら、朝のメイクしたての顔に戻りたいですよね。

ここでは、メイクしたての顔に戻る、仕事終わり後のメイク直しテクニックについてご紹介します。

正しいメイク方法を知れば、仕事終わりの予定も、もっと楽しんで迎えられるはずですよ。

仕事終わりや夕方にメイクが崩れる原因

仕事終わりにやたらとメイクが崩れる原因は、皮脂によるものです。

仕事中のあなたは、あなたが思っているより緊張状態にあります。
自然と汗が吹き出て、それに加えて乾燥を促すエアコン攻撃……。
汗の塩分と乾燥により、肌は自身を守ろうと皮脂を分泌させます。

過剰分泌された皮脂が同じ油分であるメイクを浮かせ、ドロドロにしてしまうのです。

仕事終わり《夕方》のメイク直し方法

デスクの上

仕事終わりのメイク直しで重視したいポイントは

短時間で済ます
厚塗厳禁

こちらの2つです。
ささっとすんでサラッとした仕上がりの夕方のメイク直し方法を、パーツごとにご紹介します。

ファンデーション

ファンデーション

(1)顔全体の皮脂をティッシュオフ
(2)何もつけていない清潔なパフで、ヨレを伸ばす
(3)乾燥で粉を吹いている箇所には、化粧水を手のひらに乗せ乾燥箇所に押し付ける。残った余分な化粧水はティッシュで叩くようにして拭く
(4)パウダータイプのファンデーションを目頭下、目尻下、小鼻横をつなぐ三角ゾーンに薄く伸ばす
(5)コンシーラーを小鼻にトントンと叩き塗りし、赤み、毛穴を隠す
(6)ルースパウダーでTゾーンをはたく

ファンデーションを使ってのメイク直しは、目の下の三角ゾーンだけです。
この部分を直すだけで、顔色が明るさを取り戻します。

顔全体には朝のファンデーションが残っているので、ヨレを伸ばしたらルースパウダーのみでOK。

ファンデーションで塗り直してしまうと、厚ぼったい印象になってしまいNG、再び化粧崩れを起こす原因にもなります。

アイブロウ

アイブロウ

(1)テカッている部分があれば、ティッシュオフ
(2)眉毛が消えた部分にルースパウダーをのせる
(3)消えた部分をリキッドアイブロウで書き足す。眉頭が消えているようならアイブロウパウダーで書き足す

以外とテカリが目立つのが、眉毛です。
皮脂線も多く、髪の毛による刺激も加わり、皮脂が分泌されやすい箇所といえます。
ティッシュとルースパウダーで余分な皮脂を除去したら、リキッドアイブロウで眉毛を描き足ましょう。

ペンシルやパウダータイプでも良いのですが、一度皮脂が出た肌の上では、線が引きづらい可能性があります。
リキッドタイプですとしっかりと肌に乗せられるため、夕方のメイク直しに◎です。

チーク

チーク

(1)ブラシにちょっと濃いめにチークパウダーをのせる
(2)黒目の下から耳にかけてのばす
(3)指でチークの輪郭をぼかし、肌になじませる

夜なので、チークは少し濃いめにして。
暗い場所でも血色の良さを出す効果があります。

最後にチークの輪郭をぼかすこと、メイク直しにありがちな「チークだけやけに浮いている」というのを防げるので、オススメ。

リップ

リップ

(1)ティッシュで油分オフをしたあと、リップクリームを指でとり、縦じわを埋める
(2)最後にもう一度ティッシュオフをし、残った口紅を拭う
(3)リップライナーを引いた後、普段使いのリップを塗り直す

仕事終わりの唇は、顔の中でもっとも乾燥している箇所です。

とはいえリップクリームは油分が多いため、唇にダイレクトに塗ってからのリップメイクは、再びメイク崩れの原因に。
指で塗ることで少量でも唇全体を潤し、さらに、唇に残っていたリップを浮かす効果があります。

アイメイク

アイシャドウ

(1)綿棒にリキッドコンシーラーをつけ、目頭から目尻へスライド
(2)目尻に残った汚れとコンシーラーを、綿棒の綺麗な部分でオフ
(3)まぶたに入り込んだアイシャドウは、綿棒で拭う
(4)アイシャドウはアイホールカラーと一番濃いカラーだけ塗り直す。アイホールカラーを指でまぶた全体に薄くポンポンと叩くように塗り、濃いカラーをまぶたのキワにのせたら、指で全体の輪郭をぼかす
(5)アイライナーが消えている場合は、リキッドタイプで塗り直すのがオススメ

夕方になるとパンダ目になってしまいがち。
細かい部分なので、綿棒を駆使して直していきましょう。

アイライナーはジェルタイプ、ペンシルタイプでまつげのキワを埋めるだけの人も、メイク直し時には、リキッドタイプでまぶたの上にラインをプラスして。
疲れた目元もキリリと蘇ります。

仕事帰りの予定も、軽やかな表情で

メイクをきちんと直すことで、日中の疲れを隠しメイク崩れも解消できます。
晴れやかで明るい顔で、仕事帰りの予定を楽しんでくださいね。

Writer:あすなろ


関連記事