カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【京都】人気のいちご狩りスポット!あまい苺を食べ放題で

公開:2022.02.17 更新:2022.03.01

【京都】人気のいちご狩りスポット!あまい苺を食べ放題で

京都にあるいちご狩りスポットをご紹介!いちごが美味しい季節になりました。いちご狩りがスタートするこの季節を心待ちにしていた人もきっと多いはず。食べ放題のいちご狩りスポットで、甘いいちごを思いっきり楽しんでみて!

1.【宇治市】ベリーファーム宇治

ベリーファーム宇治

宇治市にある「ベリーファーム宇治」(宇治市槇島町幡貫)では、30分食べ放題でいちご狩りを堪能できます。京都観光に訪れた人が立ち寄れる立地にあるため、県民のみならず観光客からも人気を集めるいちご狩りスポットです。通路が広いため、ベビーカーや車いすの方でも入園可能。家族みんなでいちご狩りを楽しめます。

ベリーファーム宇治で販売されているパックのいちご

たわわに実ったいちごは、「ベリーファーム宇治」の直売所にてパック販売もしています。かおり野・あまおとめ・恋みのり・紅ほっぺと、種類豊富ないちごはどれも大きくて鮮やかな赤色を帯び、甘い匂いに誘われてついついたくさん手に取ってしまいそうですね。

【入園料】
〈30分食べ放題〉
おとな(中学生以上):2,200円~1,800円
子ども(小学生)・シニア(70歳以上):1,800円~1,300円
幼児(3歳以上):1,500円~1,000円
幼児(2歳以下):無料
※時期によって入園料が変動します。

【スポット情報】
■住所:京都府宇治市槇島町幡貫143(MAP
http://agrism.com/
※営業時間と定休日は公式HPでご確認ください。

2.【綴喜郡】ジェイエイやましろファーム

JAやましろのいちご狩り

井手町にある「ジェイエイやましろファーム」(綴喜郡井手町大字多賀小字流田)のいちご狩りは、宇治川と木津川がちょうど貫流する田園地帯にあり、穏やかな気候で育ったいちごがたくさん実っています。ベンチ栽培なので通路が広いのも嬉しいポイント。低農薬栽培なので小さなお子様も安心して食べられます。

JAやましろのいちご

「ジェイエイやましろファーム」のいちご栽培ハウスは全部で5棟あり、そのうち4棟でいちご狩りが催されています。いちご狩りは1月中旬から5月上旬まで行っています。

【入園料】
〈45分食べ放題〉
おとな(中学生以上):2,000円
子ども(小学生):1,500円
幼児(3歳以上)・障がい者:1,000円

【スポット情報】
■住所:京都府綴喜郡井手町大字多賀小字流田19-3(MAP
https://ja-kyoto.jp/
※営業時間と定休日は公式HPでご確認ください。
※いちご狩りは完全予約制です。

3.【京都市】モモタ農園

モモタ農園のいちご

山科にある「モモタ農園」(京都市山科区四ノ宮奈良野町)のいちご狩りは、1時間の食べ放題制なので、比較的たっぷりといちごを堪能できます。「モモタ農園」で育てられているいちごはあきひめ(章姫)で、きれいな長めの円錐形が特徴。果汁たっぷりで甘みをしっかりと感じられるいちごが育っています。

「モモタ農園」には、パック詰めされたいちごや加工品の直売も行っています。「モモタ農園」でとれたいちごで作られたいちごジャムは、いちご本来の甘みを楽しめる無添加商品。時期によっては出荷できないものもあるため、出あえたらラッキーかも?

【入園料】
〈1時間食べ放題〉
小学生以上:2,700円~1,200円
3歳以上:2,200円~800円
3歳未満:無料
※時期によって入園料が変動します。

【スポット情報】
■住所:京都府京都市山科区四ノ宮奈良野町34(MAP
https://momota-nouen.com/
※営業時間と定休日は公式HPでご確認ください。
※いちご狩りは完全予約制です。


ライター

山下 香

旅行とカメラが趣味のフリーライター/地域の観光ライター&サポーター。元アパレル店員(歴8年)で一児の母です。独自の視点から読者の心が躍るような記事を書きたいと思います。

このライターの記事をもっと読む

関連記事