カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
狭い玄関を広くする8つの工夫!ダイソーやニトリでできる玄関収納アイデア

公開:2021.05.24 更新:2021.06.14

狭い玄関を広くする8つの工夫!ダイソーやニトリでできる玄関収納アイデア

狭い玄関を広く使う・広く見せるための方法をご紹介!玄関が狭いと感じるのは物の多さやインテリアの配置に原因があります。玄関の拡張はできなくても、今あるスペースを有効に使い、広く見せれば狭さが気にならない玄関になるはず。狭い玄関を広くする8つの工夫を知って快適な玄関を作りましょう!

賃貸の狭い玄関を【広く見せるアイデア】

狭い玄関でも、ものを減らしたり収納を工夫したりすれば、広く使えます。

でも、もっと開放的で広い玄関を実現したい!
それなら玄関の拡張工事を……と、簡単にはいきませんよね。

目の錯覚を利用すれば、玄関の拡張工事をしなくても奥行きや広さを演出できます。

玄関を「広くする」のではなく「広く見せる」アイデアについて、見てみましょう。

(1)照明を工夫して影になる場所をなくす

玄関の照明

@etsuko_fish
icon

玄関真上は全体を照らせるシーリングライトやペンダントライトを設置すると、影ができません。
その結果、玄関が明るく広く感じられます。

明るすぎる玄関は生活感があらわになるため避けたい、という場合は、少し光源を低くしてみましょう。
影ができてしまう位置があれば、別の間接照明を当てて影を飛ばすと、暗さを感じず玄関が広く見えます。

また、玄関から廊下までが細い一本道になっている家の場合、奥の壁に間接照明を設置するのもおすすめ。

空間に立体感が生まれて、広さを錯覚する効果が生まれます。

(2)壁紙や家具は白をベースにする

白は膨張色とも言われており、空間を広く見せる効果があります。壁紙や家具は白を基調にすると、玄関が広く感じられるでしょう。

賃貸でもともとの壁紙の色や設置されている靴箱などが白でない場合、剥がせるタイプの壁紙やリメイクシートを活用するのがおすすめ。

元の壁や家具を傷つけず、原状回復可能な色変えを楽しめます。

(3)フォーカルポイントを作り狭さを意識させないようにする

玄関にフォーカルポイントを作る

@burubon_urrk
icon

玄関に入って狭さを感じさせるよりも先に、別の場所に視点を移せるよう、フォーカルポイントを作ってみましょう。
フォーカルポイントとはその名のとおり、「視線を集める場所」です。

たとえば玄関に入ってすぐに、魅力的なウェルカムボードがあれば「狭い」よりも「素敵」に意識が移ります。大きな絵やお花なども、玄関のフォーカルポイントにぴったりな良いアイデアです。
狭さを意識させないように注意をそらすアイテムを、設置してみましょう。

(4)鏡を置いて奥行きを出す

玄関の鏡は出かける前の身だしなみチェック用だけでなく、広さを錯覚させるにも便利なアイテムです。

鏡に玄関が映り込むことで、広さが増したように感じられます。
そのためには顔だけが写る壁掛け鏡ではなく、全身が写る姿見を玄関左右どちらかの壁にセットするのがおすすめ。

大きければ大きい鏡であるほど、広く感じさせる効果が増します。

まとめ

狭い玄関を広く見せるには、収納を工夫することと広さを感じさせるインテリア構築がポイントです。

玄関が狭くて窮屈だと感じている方は、100均といった取り入れやすいアイテムを使って、少しずつの片付けとインテリアチェンジを進めてみましょう。不要だと思ったものは、思い切って捨てることも大切です。

狭くても快適な玄関で、帰るのが楽しみになる家づくりをスタートしてみてください。

PREV
2 / 2
 

ライター

遠藤 舞衣

メイク・美容・インテリアの楽しさを文字と写真で伝えるライター。元インテリア業界勤務&美容部員経験から家と自身を飾る方法を発信します。企業公式コラムをはじめ多数メディアで執筆中。

このライターの記事をもっと読む

関連記事