ファッション

2019年06月04日

かしこい寒暖差対策で今年の休日コーデはOK!リラックスワンピースルック集

楽ちんなのに1枚でサマになるワンピースは、休日のコーディネートにうってつけ。ただ、夏前は寒暖差も激しく、ワンピース選びに迷う方もいるのではないでしょうか?肌寒い日でも暑い日でも、ワンピースを楽しみたい方に向けた着こなしをいくつかご紹介します。

bote-onepiece-eye

猛暑が続いたかと思えば、肌寒くなったり……。去年に比べて寒暖差が激しくなりそうな今年の夏。
「着るものを間違えて出かけたら、せっかくの休日が台無しになった!」なんて事があるかもしれません。

今年は暑さ対策に加えて、防寒にも気をかけておきたいファッションポイントです。

そこで今回は、夏前の気候に合わせたワンピースコーデをご紹介いたします。
ゆるりとオフタイムに丁度良い、リラックスワンピースを使ったコーデを気温が高い日、低い日にそれぞれ分けて集めました。

暑いときは「肩出し」!ゆるっとワンピースはコーデでメリハリを作ろう

大人っぽい小物でシンプルワンピの魅力をさらにアップ!

大人っぽいマキシ丈ワンピースとパナマハットのコーディネート

しっかり長めの丈感が大人っぽい、マキシ丈ワンピースのコーデ。
フリルを繋ぎ合わせたようなティアードは、今季のトレンドキーワード。

きちんとトレンドも押さえれば、“ラクなだけじゃない”着こなしに。
またパリッと形の整ったハットが、柔らかい素材の全身のアクセントになっています。

甘めのピンクワンピもスパイシーな小物で旬のムードを高める

ノースリーブワンピースにデニムジャケットを腰巻したカジュアルスタイル

首が詰まったデザインが、モードな気分を高めてくれるノースリーブワンピースルック。
夕方から寒くなっても安心なデニムジャケットは、腰巻にしてオシャレに常備。

またメタリックな輝きでアクセントを作れば、ピリッとスタイリッシュなスタイルの完成です。

気持ちが華やぐ赤ワンピにはナチュラル小物を合わせてリゾート気分に

赤ワンピースのリゾートコーデ

赤いリラックスワンピースは、着心地の良さだけでなく華やかさも両立できる優れもの。
旅先の写真も見栄え良く残せれば、ちょっと嬉しいですよね♪

赤色だけでなくパッと華やぐ好みの色で、オフタイムのワンピースを選んでみてはいかがでしょうか。

またリラックスワンピースは、コーデでメリハリを作らないと部屋着っぽくなりやすいもの。
その点、派手色の一着は、一枚でコーデが決まりやすい点も嬉しいですね♪

シックなデザインワンピを選んで大人っぽさをさり気なくアピール

シックなデザインワンピースコーデ

キュートなデザインを大人っぽく着こなしたいなら、ブラックカラーの一着がベスト。
シックなムードで可愛らしいデザインを楽しめます。

こちらのようなリラックスワンピースに、バッグでアクセントを作るならホワイトカラーがオススメ。
夏のモノトーンは、ブラックカラーの重苦しさをクールな印象へと変化させます。

アースカラーでまとめたコーデには白小物を合わせて軽やかさを

カーキのプリーツワンピースコーデ

ゆるっとした脱力感がカッコイイ、ノースリーブのプリーツワンピースを使った装い。
イージーな雰囲気のワンピースに、レザーバッグで重厚感を添えて。

さらに、落ち着いたカーキ色ワンピースを、軽やかにするのがホワイトカラーのスニーカー。
大人カジュアルらしい清潔感と、長い距離を歩けそうな履き心地は、旅先で頼れる相棒になりそう♪

「肩を防寒で冷え知らず」は美人への近道。こなれたレイヤードルック

シャツをサラッと羽織って大人カジュアルな旅行コーデ

シンプルワンピースにベーシックなシャツを羽織ったコーディネート

すとんとIラインを作るシンプルワンピースに、コットンのベーシックなシャツを羽織って防寒。
ふわりと着られるコットンシャツなら、気温は高いけれど直接ふれる風を避けたい夏の夜や冷房の強い室内などで活躍します。

今季のシャツも、オーバーサイズから身丈は短めなデザインや、さらにオープンカラーからノーカラーまで幅広くいろいろなシルエットが各ブランドから出ています。

あなたらしい一着に出会えたら、夏のホリデーがもっと楽しくなりそう!

テーラードジャケット×シンプルワンピでトレンド感のあるコーデに

テーラードジャケット×シンプルワンピでトレンド感のあるコーデ

ほどよく描くカーブのシルエットが美しいワンピースに、ジャケットを肩掛けした着こなし。

そこまで冷えないときは、肩部分だけ冷やさない着こなしがオススメです。
ジャケットのチェック柄が無地のワンピースの程よいアクセントになります。

また気温が下がるときは、しっかり腕を通して着こんで防寒!
夏でもニットのカーディガンの他にジャケットがあると、気温差があるときも快適に過ごせます。

キレイめニットワンピに“マンパ”を羽織ってカジュアルダウン

キレイめニットワンピにマウンテンパーカーを羽織ったコーディネート

胸元のボタンや縦のラインを作るリブなど、トレンド要素がたっぷりのニットワンピースに、マウンテンパーカーをON。
薄手のアウターなら防寒だけでなく、雨の日などの防水も、カーディガンなどのトップスよりは効果が期待できます。

またマウンテンパーカーなら、濡れたときも少しの汚れが目立ちにくいアウトドア系のデザインが嬉しいですね!

デニムシャツを使ったテイストミックスのレイヤードコーデ

キャミソールワンピースにボーイッシュなデニムシャツを羽織ったコーデ

たっぷりのギャザーがゴージャスな大人の存在感を放つ、キャミソールワンピースにボーイッシュなデニムシャツを羽織ったコーデ。
ラグジュアリーなリゾート感と、爽やかなメンズライクアイテムがテイストMIXされています。

デニムのライトブルーがきれいなベーシックシャツは、着回し便利なアイテム。
大人っぽいワンピースはもちろん、キュートな一着などをテイストMIXしたいときに、サッと羽織るとこなれて仕上がります。

今年の寒暖差が激しい夏に合わせたリラックスコーデを準備して!

とびきり暑い日は、大胆なワンピースを着こなせるチャンス!
去年は出さなかった肩も、今年は出しやすい気候。

恥ずかしがり屋さんも暑さのせいにして、思い切ってノースリーブワンピースにトライ♪

もちろん、寒暖差の激しい夏なので、防寒できる上着も忘れずに。
気候に合ったファッションで、今年の夏も存分に楽しみましょう!

  • ●この記事を書いたのは
  • ボーテロゴ
  • 『 bo-te(ボーテ)編集部 』
    『bo-te(ボーテ)』は働く女性のために「日常に取り入れやすく、参考にしやすい」ファッションコーディネートをお届けしているメディアです。

カテゴリー:ファッション

▼応募締切▼
[1]は7/8(月)、[2]は7/17(水)

ベルメゾン マネーセミナー開催「もうお金に振り回されない!貯蓄&保険をコントロール!」
公式Instagram開始!フォローしてね♪
オンライン限定プレゼント