映画/シネマ

2015年12月11日

映画『わたしはマララ』

タリバンに銃撃され瀕死の重傷を負いながらも女性が教育を受けられる権利を訴え続け、2014年当時17歳でノーベル平和賞を受賞した少女マララ・ユスフザイの素顔を描くドキュメンタリー

(C) 2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

(C) 2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

学校経営者で詩人の父と、文字の読めない母の長女として生まれたマララは、パキスタンのスワート渓谷で育つ。
マララは実名を伏せ、タリバン支配下の教育事情や暮らしをブログで紹介。しかしドキュメンタリーへの出演で身元が知れ渡り、タリバンに命を狙われることとなってしまう。
そして15歳だった2012年、マララはスクールバスで下校途中にタリバンに頭部を撃たれ……。

メガホンをとったのは、アカデミー賞を受賞した『不都合な真実』のデイヴィス・グッゲンハイム監督。
世界中に衝撃を与えた銃撃事件を明らかにし、彼女の生い立ちや名前に込められた思いを綴る。

素顔は、パソコンでブラッド・ピットやフェデラー選手(テニス)の画像を見てはにかむ、どこにでもいる普通の女の子。そんな彼女が、今も命の危険にさらされながら教育を受けられない子供たちのために活動を続ける強さに胸が熱くなる。

Sub1_HNMM_106_MALALA_STILLS_NB_4_20_1507Sub2_HNMM_049_MALALA_STILLS_NB_4_20_8050

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
【公式HP】http://www.malala.jp
【監督】 デイヴィス・グッゲンハイム
【出演】 マララ・ユスフザイとその家族
【関連書籍】「わたしはマララ:教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女」(学研パブリッシング刊)「マララ 教育のために立ち上がり、世界を変えた少女」(岩崎書店刊)
2015年/アメリカ/1時間28分
【配給】 20世紀フォックス映画
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
12/11(金)公開
【大阪】大阪ステーションシティシネマ
【京都】TOHOシネマズ二条
【兵庫】OSシネマズミント神戸
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

O─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
◆映画『わたしはマララ』オリジナルボールペンを3名に!◆
─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
プレゼントはこちらから応募してね♪
─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
※応募締切:2016.1/12(火)16時。
応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました!

カテゴリー:映画/シネマ

オンライン限定プレゼント