ファッション

2019年11月17日

この冬は《キャメルカラー》を!オフィスで華やかに着こなすアイデア9選

キャメルカラーの似合う寒い季節がやってまいりました♪今年はどんなコーデで取り入れますか?そこでキャメルカラーを取り入れた秋冬コーデをご紹介します。毎日のオフィスで着回せる、マンネリしないコーデアイデアを見つけて。

bote091-camel-eye

茶色系のカラーは、大人っぽさとオシャレ感を両方取り入れられる冬の定番。

毎年なんとなく着こなしている方に、改めて知ってもらいたいのがキャメルカラーの魅力です。
コーデのアクセントになったり、全身にさりげなく馴染む色になったり、茶系カラーの中でも意識して着こなすと面白い色なのです♪

そこでコーデの参考になるキャメルカラーを使った秋冬コーデをアイテム別に集めました。

《インナートップス》から忍ばせるキャメルカラー

重なる淡いカラーにキャメルを覗かせ引き締める

重なる淡いカラーにキャメルを覗かせ引き締める
出典:『bo-te』

コートとマフラーの、淡いカラーが重なるレイヤードスタイル。
チラリと覗くキャメルカラーのトップスは、淡い色に馴染みつつ、落ち着いた存在感で全身を引き締めています。

濃いカーキと明るいホワイトを優しく繋ぐキャメル

濃いカーキと明るいホワイトを優しく繋ぐキャメル
出典:『bo-te』

こっくりと濃いカーキ色のシャツワンピースを、アウター使いしたパンツルック。
ホワイトカラーパンツとの色の明暗を、優しく繋いでいるのがキャメルカラーのトップスです。

《羽織りもの》で取り入れるキャメルカラー

ロングニットカーディガンで着心地も軽やか

ロングニットカーディガンで着心地も軽やか
出典:『bo-te』

腰まで暖かいロングニットカーディガンでキャメルカラーを取り入れた着こなし。
アウター使いでありながら、伸縮性がある素材は着心地もGOOD。

肩こりに悩む方は、オフィスで試してみて♪

今年顔は長め丈テーラードジャケットで決まり!

今年顔は長め丈テーラードジャケットで決まり!
出典:『bo-te』

オシャレに決まった服装の日は、仕事もイキイキと張りが出ますよね!
トレンド感を着こなすなら、長め丈のテーラードジャケットが狙い目です。

シックな色の多いオフィスカジュアルの服。
キャメルカラーが素敵なアクセントカラーになり着回しに便利。

あらゆるシーンに馴染むチェスターコート

あらゆるシーンに馴染むチェスターコート
出典:『bo-te』

チェスターコートはキリッとハンサムな雰囲気を装える、オフィスにぴったりなアイテム。
パンツルックはもちろん、スカートルックをかっちりとしたムードを加えたいときにも活躍します。

明るいキャメルカラーなら、よりエレガントに着こなしやすいですね♪

コーデセンスが光る《ボトムス》のキャメルカラー

ダークカラーでタイトスカートを挟んだコーディネート

ダークカラーでタイトスカートを挟んだコーディネート
出典:『bo-te』

優しく軽やかなキャメルカラーのフレアスカート。
トップスと足元をダークカラーのアイテムでまとめ、キャメルカラーを華やぐポイントにしています。

全身のライトカラーにふわりと馴染むワイドパンツ

全身のライトカラーにふわりと馴染むワイドパンツ
出典:『bo-te』

ベージュに近いキャメルカラーのワイドパンツ。
コートやトップスで重ねる淡いカラーに、自然に馴染ませて。

キャメルのきれい色なら、ふわりとした全身に作るまとまりもさりげなく素敵。

主張も調和も楽しめる《小物》のキャメルカラー

ストールで主張するスタイルアップのアクセントカラー

ストールで主張するスタイルアップのアクセントカラー
出典:『bo-te』

キャメルカラーのストールが、全身のカラーアクセントにしたパンツルック。
首繰りでアクセントを主張することで、目線を全身の高い位置に。

スタイルアップも狙えるコーデテクニックです。

目を引く色のトップスと黒色を調和させるハンドバッグ

目を引く色のトップスと黒色を調和させるハンドバッグ
出典:『bo-te』

パッと目を引くカラーのトップスと、ブラックカラーのスカートで色のメリハリが心地よいコーデ。
仕事帰りに予定がある日に、ちょうど良いトレンド感ある着こなしですね♪

パキッとした配色をやわらかく繋げるのが、キャメルカラーのハンドバッグ。
コーデの調和を作る小物として活躍。

華ある《キャメルカラー》はマンネリ知らず

キャメルカラーに似ている色で、思い出すのはブラウンとベージュ。
同じように落ち着いた色ですが、似た茶色系の色の中でも“華”を作りやすいのがキャメルカラーの魅力♪
着こなすアイテムや、全身コーデの色の合わせ方によって、着こなした印象を変えやすい色です。

何となく着ていたキャメルカラーアイテムも、今年の冬はコーデテクニックを駆使してみて!
同じアイテムでも、コーデにマンネリ知らずの冬を過ごせるかもしれません。

  • ●この記事を書いたのは
  • ボーテロゴ
  • 『 bo-te(ボーテ)編集部 』
    『bo-te(ボーテ)』は働く女性のために「日常に取り入れやすく、参考にしやすい」ファッションコーディネートをお届けしているメディアです。

カテゴリー:ファッション

公式LINE始めました!友だち追加してね♪
オンライン限定プレゼント