ファッション

2019年11月10日

日帰りバスツアーにオススメのコーデ6選!快適でオシャレに決まる服装のポイントを知ろう

忙しい女性の間で、手軽に日常の喧騒から抜け出せる日帰りバスツアーが注目されています♪そこで今回は、日帰りバスツアーに着て行く服装のアイデアをご紹介。快適な着心地のポイントをおさえつつ、ばっちりオシャレして出かけましょう!

bote088-bustour-eye

外歩きが心地よい季節、休日にサクッと日帰りバスツアーへ行きませんか?
大がかりな旅行と違い、簡単に日常から離れられる手軽さが、忙しい女性の間で注目を集めています。

そこで今回は、日帰りバスツアーにオススメの秋冬コーデをご紹介いたします。

秋冬の日帰りツアーで人気の紅葉狩り、グルメ、温泉、美術館をピックアップ。
現地のムードに似合いつつ、バスで快適に過ごしやすい服装のコツを解説いたします。

《スカートルック》チラ見せ防止しつつ可愛いロング丈

野外で防寒したいなら暖かみのある「コーデュロイ素材」

野外で防寒したいなら暖かみのある「コーデュロイ素材」
出典:『bo-te』

過ごしやすい秋は、神社や公園、名所を巡るバスツアーが人気。
紅葉を楽しみつつ、土地の名所を散策するのに心地よい季節です。

日帰りで行ける距離とはいえ、いつも過ごす土地とは気温が違い「意外と寒かった!」なんてことになると休日が勿体ないですよね。

そこでオシャレに防寒が期待できるコーデュロイ素材をチョイス。
スカートもロング丈ならチラ見えを気にせず、バスで気を抜いて座れそう♪

アクティブな一日は汚れが気になりにくい「チノ素材」

アクティブな一日は汚れが気になりにくい「チノ素材」
出典:『bo-te』

紅葉を堪能する日帰りツアーは、補整されていない道を歩くシーンが多いですよね。
靴底にクッション性のある、スニーカーでのお出かけがオススメです。

またハイキングや登山プランではないツアーでも、雨上がりの日や朝露の残る草木の間を歩けば、服が汚れることも。
小さな汚れを気にしないで、おおらかに着こなせるトレンドコーデが狙い目です。

写真のようなチノ素材は、汚れた後の手入れも簡単。
ボーイッシュになり過ぎない、ロングスカートで大人可愛く着こなして♪

《パンツルック》カジュアルアイテムを上手に使えば上がる休日気分♪

小物使いで大人のオシャレ感を作りやすい「デニム」

小物使いで大人のオシャレ感を作りやすい「デニム」
出典:『bo-te』

寒い季節の癒やしといえば、芯まで温まる温泉!
日帰りバスツアーでも、温泉が含まれたプランは人気を集めています。

写真は休日気分が上がるカジュアルなデニムパンツを、大人っぽい小物使いでコーデ。
足元は、温泉で癒やされたリラックスムードにぴったりなフラットシューズがオススメです♪

一日だけだけど、思い出になる休日。ラフに過ごせるアイテムでありつつ、パリッとオシャレなカジュアルコーデに仕上げて!

楽ちんな着心地で旬の着こなしが実現する「スキニーパンツ」や「レギンス」

楽ちんな着心地で旬の着こなしが実現する「スキニーパンツ」や「レギンス」
出典:『bo-te』

料亭などで、蟹などのフルコースを楽しむ日帰りツアーは、観光名所の散策がツアーに組み込まれている場合が多め。
そこで、お腹いっぱいになったボディラインをカバーしつつ、防寒もできる長め丈トップスとスキニーパンツやレギンスのレイヤードスタイルはいかが♪

レギンスのようなタイトなボトムのレイヤードは、コーデに旬の雰囲気が作りやすい組合せ。

《ワンピース》よそ行きなオシャレ感とリラックスの両立!

ボディラインを出さない、ふんわりとした「たっぷりギャザーワンピース」

ボディラインを出さない、ふんわりとした「たっぷりギャザーワンピース」
出典:『bo-te』

食べ放題も行程に含まれたツアーで、秋の食欲を満たしに行きませんか。
写真のようなギャザーたっぷりのふんわりワンピースなら、満腹でもしっかりエレガントに見えます。

ボディラインが出にくいアイテムをチョイスすれば、観光名所の散策など、後の行程もスタイリッシュに楽しめますね♪

きちんと感がありつつ締め付け少ない冬素材の「ジャンパースカート」

きちんと感がありつつ締め付け少ない冬素材の「ジャンパースカート」
出典:『bo-te』

帰りはバスがあるという安心感で、美術館をゆったりと堪能できるのがツアーの魅力。
そんな時間は、歩きっぱなしでも疲れにくい装いの方が芸術にどっぷり浸かれそう。

写真はキャミソールワンピースを、ジャンパースカートのようにレイヤードした着こなし。
ワンピースの厚手な冬素材は、ほんのりフォーマル感が漂います。

さらに長時間座っているバスでも、締め付けの少ないワンピースルックなら楽ちんです。

バスでも現地でも着心地の良く、センス良く♪

忙しい日常をリセットするように、日帰りバス旅行で気分をリフレッシュ!

オシャレなのはもちろん、一日だけという短時間も無駄にしない“着心地ストレスレス”な装いで、ゆったりとした思い出を作りたいですね♪

  • ●この記事を書いたのは
  • ボーテロゴ
  • 『 bo-te(ボーテ)編集部 』
    『bo-te(ボーテ)』は働く女性のために「日常に取り入れやすく、参考にしやすい」ファッションコーディネートをお届けしているメディアです。

カテゴリー:ファッション

公式LINE始めました!友だち追加してね♪
オンライン限定プレゼント