ファッション

2019年09月17日

シック&華色な《秋パープル》“似合う”を見つけたい大人コーデ

秋のファッションは、落ち着いたムードがあるとスタイリッシュ。しかし、しっとりカラーだけでは物足りないですよね!そんな大人の女性のオシャレ心を満たしてくれるのがパープルカラー。コーデにエレガントな華を添えてくれます。今回はパープルを使った秋コーデをご紹介します。

bote065-purple-eye

トレンドの秋服に増えてくるのが、ベイクドカラーやアースカラーなどのくすんだ色。
そんなシックな色に、華を添えつつふわりと馴染むのがパープルカラーです。

今年の秋は、大人にぴったりな魅惑カラーを着こなしませんか♪

そこで秋に着こなしたい、パープルを使ったコーディネートを集めました。

今季注目の「青みがかったパープル」から、目を引く「赤みがかった色」まで。
あなたらしいパープルカラーのイメージを膨らませてみて!

《レースアップパンプス》が全体のアクセントに

パープルカラーのレースアップパンプス
出典:『bo-te』

濃いネイビーカラーのデニムパンツとノースリーブのざっくりニットトップスを合わせた、秋色スタイル。

シックなパンツルックに、パープルカラーのレースアップパンプスが、華やかなアクセントになっています。

《フレアスカート》にジャケットを合わせてお仕事モード

パープルカラーのフレアスカート
出典:『bo-te』

パープルカラーのフレアスカートに、グレーのノーカラージャケットを合わせたきちんとコーデ。
全身を淡い色でまとめれば、オフィスにちょうど良い清潔感。

堅くなりやすいジャケットスタイルも、軽やかな印象に仕上がります。

黒いトップスでフレアが引き立つ《スカート》は花のよう

スカートのパープルカラーが引き立つコーデ
出典:『bo-te』

同じスカートの着回しコーデ。
こちらのコーデは、アンサンブルのニットトップスとバッグは、黒で統一。
スカートのパープルカラーが引き立つ装いです。

色だけでなくスカートのシルエットの美しさも際立ち、立ち姿はまるで一凛の花のよう。

主役級の存在感があるきれい色《ブラウス》

青みがかったパープルカラーがきれいな、ブラウスを主役にしたパンツルック
出典:『bo-te』

青みがかったパープルカラーがきれいな、ブラウスを主役にしたパンツルック。
ふわりと可愛らしいブラウスに、フォーマルなタックパンツがキリリと落ち着きを加えています。

パンツはブルーベースのネイビーなので、ひとつ前のブラック×パープルのスカートルック程メリハリはつかず、全体が大人っぽい上品な印象に収まります。

《タンクトップ》がデニムのブルーにさらりと馴染む

パープルカラーのタンクトップ
出典:『bo-te』

ブリーチ加工でライトブルーに色落ちした、デニムパンツを使ったラフなコーデ。
濃淡で深みを増すブルー系のデニムに、赤みの強いパープルカラーのタンクトップが浮かずに自然と馴染んでいます。

トップスにブルー系を合わせるワントーンコーデとは一味違った、パープルが作るハイセンスな色合わせです。

品よく可憐な《ニットアンサンブル》をハンサムにコーデ

ラベンダー色の可憐なニットアンサンブル
出典:『bo-te』

ラベンダー色の可憐なニットアンサンブルを、ワイドパンツでハンサムに着こなして。

華奢な雰囲気だけでは物足りないビジネスシーンに、タックの入った黒いワイドパンツは、ほど良く貫禄も着こなせます。

目を引く《カラースカート》が可愛らしさと大人っぽさを両立

ギンガムチェック柄のブラウスに、パープルカラーのタイトスカートをコーデ
出典:『bo-te』

ガーリーなギンガムチェック柄のブラウスに、パープルカラーのタイトスカートをコーデ。

ハッキリと目を引くパープルカラーは、甘さだけじゃない意思のある大人の強さも着こなせます。

シンプルスタイル多めなら持っておきたい《カラーパンプス》

パープルパンプス
出典:『bo-te』

ホワイトやブラック、ネイビーにグレーなど、オフィスで浮かないクレバーな色の服が多くなってきていませんか?
そんなシンプルスタイルが日頃多いなら、足元に華をプラスするテクニックがオススメです。

カラーパンプスに、写真のようなパープルカラーを取り入れても素敵♪

「きちんとコーデ」から「ラフなコーデ」までパープルを楽しもう

華やかさを着こなしたいとき、パープルカラーは大人の女性にぴったり。
着る人の艶っぽさと上品さを引き出しつつ、コーデに華を添えてくれます。

きちんと着こなしたいオフィスシーンから、魅惑的に着こなしたい休日のデートなど、さまざまなシーンでパープルカラーを活躍させてみて!
色のパワーを味方にして、秋の一日を素敵に過ごしましょう♪

  • ●この記事を書いたのは
  • ボーテロゴ
  • 『 bo-te(ボーテ)編集部 』
    『bo-te(ボーテ)』は働く女性のために「日常に取り入れやすく、参考にしやすい」ファッションコーディネートをお届けしているメディアです。

カテゴリー:ファッション

公式LINE始めました!友だち追加してね♪
オンライン限定プレゼント