結婚・恋愛

2019年08月31日

元カレと復縁をして幸せになれるケースと幸せになれないケースの違い

元カレとの復縁は幸せになれるのでしょうか。復縁してもまたすぐ別れてしまうケースもあれば、うまくいくケースもあるようです。何が違うのでしょうか?復縁に迷っている人は、是非参考にしてください。

赤い糸の向こうを見つめる女性

別れた彼氏とヨリを戻したいと考える女性もいれば、元カレに復縁を迫られて迷っているという女性もいるのではないでしょうか。しかし、別れたカップルが復縁をしても、また同じ理由で別れてしまう可能性があります。では、どんな理由で別れたカップルなら復縁をしても幸せになれるのでしょうか。

今回は、元カレと復縁をして幸せになれるケースと幸せになれないケースを紹介します。「復縁できたら今度こそは幸せになりたい!」と思う女性は、参考にしてみてください。

復縁で幸せになれるケース2選

まずは、元カレと復縁をして幸せになれる可能性があるケースから紹介します。

【ケース1】嫌なところがあって別れたワケじゃない

嫌なところがあって別れたワケではない場合、復縁で幸せになれる可能性があります。

たとえば、お互いに仕事が忙しい時期に差しかかってすれ違いの生活になり、気付いたら気持ちまですれ違っていたというカップルは、嫌なところがあって別れたワケではありませんよね。

また、ケンカ別れをしたカップルに関しても、「勢いで別れてしまったものの、本当は別れたくなかったし別れるほど嫌なところがあったワケじゃない」というカップルもいるのではないでしょうか。

これらのケースでは、お互いの状況や環境が変わることで前回とはまるで違う付き合い方ができる可能性もあり、復縁が成功する可能性は十分に考えられます。

【ケース2】周りが2人の復縁を喜んでくれる

周りが2人の復縁を喜んでくれるケースも、幸せになれる可能性があるケースといえるでしょう。

中には、何度も別れと復縁を繰り返すカップルもいるかもしれません。しかし、同じお騒がせカップルでも、「また別れたの?」、「どうせまた付き合うでしょ」などと言われるカップルと、「もうやめときって」、「ほかの人を探した方がいいよ」などと言われるカップルでは、復縁後の幸せレベルが違います。

2人の復縁を喜ばない人たちは、2人が一緒にいることでどちらか一方もしくは2人ともが幸せになれないことを知っているのではないでしょうか。

「私たちって復縁してもいいのかな?」と迷ったときは、ぜひ2人が交際していた頃のことを知っている人たちに相談してみてください。

どちらかが変わらないと復縁できないケースは×

どちらかが変わらないと復縁できないケースは、復縁しても幸せになれない可能性が高いでしょう。

どちらかが変わらないと復縁できないケースとは、別れた原因がハッキリしているケースです。

たとえば、浮気が原因で別れに至ったカップルであれば、浮気をした人は復縁の条件として「もう浮気をしない」と約束することになりますよね。また、もし性格や価値観の不一致が原因で別れに至ったなら、復縁の条件として「これまでよりもお互いちゃんと歩み寄ろう」といった約束をすることになるでしょう。

しかし、残念ながらそう簡単に人が変わることはありません。ましてや彼氏の浮気性や価値観の不一致が別れの原因だったなら、同じ原因で別れてしまう可能性も捨てきれません。

別れた原因がハッキリしている彼との復縁を望んでいる人は、「もしまた同じ出来事が起こったら?」と考えてみてください。「今でも思い出すとモヤモヤする…」という人は、ヨリを戻すのは避けた方がよいでしょう。

復縁が成功しても幸せになれるとは限らない

元カレと別れたのはなぜですか? もしも「このまま付き合っていても幸せになれない」と思って別れたのであれば、復縁後に幸せをつかめる可能性は低いと考えられます。

タイミングさえ合えば、復縁を成功させることは難しくないかもしれません。ですが、せっかく覚悟を決めて別れを選んだなら、復縁をすることで幸せになれるかどうかをもう一度よく考えてみてくださいね。

Writer:ながせ なみ(コラムニスト・カウンセラー)
Illust:koharu

カテゴリー:結婚・恋愛

▼応募締切:11/20(水)▼

ベルメゾン マネーセミナー開催「苦手な貯蓄が楽しくなる♪お金と保険の基礎がわかる」
公式LINE始めました!友だち追加してね♪
オンライン限定プレゼント