グルメ

2019年09月16日

【玉造】『可笑的花(オカシナオハナ)』でいただく本格的な中国・台湾茶に、気分は海外旅行!

店主自ら現地のお茶農家を訪れ、生産者が分かるものにこだわって仕入れている大阪・玉造の『可笑的花(オカシナオハナ)』。お菓子と一緒にいただきながら、お茶の奥深さを楽しみましょう!中国・台湾旅行の前に、お茶について知ってから行くのもいいですね!

可笑的花の外観

今回は、Osaka Metro長堀鶴見緑地線「玉造駅」1番出口から徒歩約3分の場所にある『可笑的花』に伺いました。

マンションの1階がお店になっていますよ!

可笑的花の大きなドア
大きなドアが目印!

店内は友人宅のようにアットホーム

4つのテーブル席

『可笑的花』では、店主の工藤 和美(くどうかずみ)さんがこだわって仕入れた、本格的な中国・台湾茶をいただけます。工藤さん自ら中国や台湾を訪れ、お茶農家さんから買い付けも行っているのだとか!

店内はテーブル席が4つ。
友人宅に招かれた時のような、アットホームな雰囲気を感じます。
実際、常連さんの中には、少しだけと思い立ち寄ったつもりが、ついつい長居してしまう方も多いそう。

馬の絵が書かれたテーブル席
一番人気の席。自然光が差し込んで気持ちがいいです
食器棚

夏にぴったり!ひんやり涼しい「本日の氷出し茶」

本日の氷出し茶のアップ写真
「本日の氷出し茶」(600円)

まずは、暑い夏にぴったりな冷たいドリンクをご紹介。
「本日の氷出し茶」は、日によってお茶の種類が変わります。

取材時は、「文山包種(ぶんざんほうしゅ)」という台湾のお茶でした。
淡い緑色で、新緑の息吹を感じます。グラスもおしゃれで、見ているだけで涼しくなれる一杯ですね!

味は緑茶に近く、飲んだ後に爽やかな香りが広がります。
よく冷えていて、疲れているときにもぴったり!

「台湾茶はクセが少なく、初めての方にオススメです」と工藤さん。
お茶の入口として、「本日の氷出し茶」を飲んでみてはいかがでしょうか?

本日の氷出し茶

感じる味は人それぞれ!中国十大銘茶の「明前 黄山毛峰(みんぜん こうざんもうほう)」

明前黄山毛峰
「明前 黄山毛峰」(1,500円)

続いては中国茶のご紹介。今回は、中国十大銘茶になっている「明前 黄山毛峰(みんぜん こうざんもうほう)」です。

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、中国ではよく知られているお茶なのだとか!

『可笑的花』では、一杯のお茶ではなく、茶葉での提供となっています。
茶葉にお湯を注いでいただきます。抽出できる限り、何杯でも楽しむことができます。

感じる味は人それぞれ。どんな味を発見するかワクワクしませんか?
ちなみに私は草原の青葉の香りと、ほんのり自然の甘みを感じました。

お茶にぴったり!主役を引き立てるお茶菓子「中国茶点」

中国茶点
日によってメニューが変わるお茶菓子「中国茶点」(450円)

お茶を飲むなら、甘いものも一緒に食べたい!
そんなあなたには、「中国茶点」がオススメ。

日によってメニューが違っており、取材時は「杏仁豆腐」でした。

「中国茶点」の特徴は、主役であるお茶を引き立てるため、あっさりとした味にしていること。

「杏仁豆腐」も甘さ控えめ。そして濃厚な味になっています。
お茶の味を楽しみながら、いただきましょう。
熱い中国・台湾茶とセットで注文すると、200円引きとなりますので、お試しあれ!

紅茶好きにオススメ!紅茶とお菓子のセット「Cream Tea」

可笑的花のCream Tea
「Cream Tea」(1,100円)

『可笑的花』では、紅茶も取り扱っています。

「紅茶が好き!」という方にオススメなのが、英国式紅茶一杯とスコーン2個がセットになったメニュー「Cream Tea」。

可笑的花のKeemun

英国式紅茶はメニューからお好きなものをひとつ選択。
今回は、世界三大紅茶のひとつと言われている「Keemun(キーモン)」をストレートでいただきました。

スモーキーな香りに、コクのある味わいがたまらない!

可笑的花のスコーン2種

スコーンには、バターよりも柔らかくあっさりしているけれど、ホイップクリームより濃厚な「クロテッドクリーム」と「ジャム」を、たっぷり付けていただきます。

甘さたっぷりのスコーンを口に入れ、そのあとで紅茶を飲むと後味すっきり!
落ち着いた店内で、じっくりとティータイムを楽しみましょう。

最後に

可笑的花のメニュー看板

小さいころからお茶が大好きだったという店主の工藤さん。
今後の目標を伺ったところ、「お茶の本質を知ってもらい、お茶を愛する人を増やしていきたい」とお答えいただきました。

また、お店では、お茶・文学・中国語教室なども開催されています。
気になる方は、お店のブログをチェックしてみてくださいね!

●本格的なお茶を飲んでみたい!
●中国・台湾旅行の前に、お茶のことを知りたい!
●紅茶が好きで、ティータイムを楽しみたい!

そんなあなたはぜひ、『可笑的花』を訪れてみてください。

Writer:やまじん

※掲載内容は取材時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

カテゴリー:グルメ

公式LINE始めました!友だち追加してね♪
オンライン限定プレゼント