ファッション

2019年07月14日

夏はブルー系アイテムがマスト。爽やかカラーで暑い季節を楽しもう

暑い時期、爽やかな装いを作るなら、ブルー系カラーが効果的。服で着こなすのが難しい方も、小物なら簡単に楽しめますよ!今回は、夏を爽やかに過ごせそうなブルー系カラーのアイテムを使ったコーデのアイデアをご紹介します。

bote037-blueitem-eye

季節感のあるカラーをコーデに使うと、グッとあか抜けた雰囲気になります。
トレンドの色は他にもありますが、毎年、夏といえばブルー系のアイテムを思い浮かべる方も多いのでは?
美しい空や海を想わせる色で暑い気候の中、見た目にも涼し気な印象に。

そこでバッグやパンプスなど、ブルー系カラーの小物を使った夏のコーデをご紹介します。
同じブルー系でも、薄い色から濃い色まで全く違う印象。ライトブルー、ブルー、ネイビーの大きく3つに分けて、夏コーデをピックアップしました。

涼し気な夏を演出するライトブルー

ライトブルーをリンクさせてテイストMIX

ロエベのハンドバッグを使ったコーディネート

くすみがかったライトブルーカラーが、品よく爽やかなレザーバッグ。
明るい色を大人っぽく着こなしたいなら、レザーなど重厚感ある素材のアイテムが狙い目です。

写真はかっちりバッグを、ヴィンテージ風デニムパンツとの色のリンク。
素材もテイストも異なる2つのアイテムに生まれる、統一感ですっきりと。

さらにライトブルーの服に馴染んだレザーバッグの存在感は、さりげなく品の良さを底上げしています。

ライトブルーで大人コーデの鮮やかな抜け感を

フリンのショルダーバッグを使ったコーディネート

可愛らしいライトブルーが目を引きくショルダーバッグ。

辛口なスタッズの装飾が施され、甘すぎないデザインに仕上がっています。
大人っぽい装いのアクセントカラーとしてコーデしても、ポップになり過ぎず馴染みます。

こちらのコーデは、きちんと感あるシックなスカートルック。
バッグがメリハリを作りつつ、夏らしい鮮やかな抜け感をプラスしています。

夏の美しい海や空を想うブルー

華あるブルーはボリュームブラウスに負けない存在感

マノロブラニクのビジューパンプス

サテン生地がエレガントな、ロイヤルブルーのフラットパンプス。

光の反射する角度でブルーに濃淡が生まれ、そんな深みある魅力は大人にぴったり。
光沢ある華やかなアイテムを、さらりと着こなせたらカッコイイですね♪

写真は裾に向かって広がるテントシルエットのブラウスを、スキニーデニムパンツで合わせたカジュアルスタイル。
ボリュームのあるブラウスと、パンプスの華やかな存在感で、上下バランス良くまとめて。

ブルーのグラデーションですっきりとまとめる

バルダンのレースアップミュール

足首に巻き付くブルーパープルの紐が、ほっそり繊細な魅力を引き出すレースアップミュール。
色白にも少し日焼けした肌にも似合いやすい色で、脚を華奢に演出してくれるアイテムです。

こちらのコーデはトップスを主役に、下半身はブルー系のグラデーションですっきりまとめた着こなし。
プレーンなスキニーデニムパンツから、さらっと個性的なミュールを覗かせています。

シックに爽やかさを着こなすならネイビーがオススメ

ダークカラーに深みを作るネイビー

ジャンヴィトロッシのVカットパンプス

Vカットの脚の甲が、キリリと大人顔なムードを高めてくれるスエードパンプス。
深いネイビーカラーのパンプスは、カジュアルスタイルからオフィスシーンまで着回し力のあるアイテムです。

写真は、黒いワイドパンツにブラウスをインしたシンプルコーデ。
ダークカラーに深みが増すブラックカラーとネイビーカラーの色合わせは、きれいめコーデで人気。

落ち着きはあるけど、なぜかあか抜けないときに、試してみたいテクニックです♪

ネイビーは華やぎときちんと感も両立させてくれる

ベビニモデナのハンドバッグを使ったコーディネート

たっぷり荷物が入ってフォーマルにキマる、人と会うことの多い大人の毎日にひとつは持っておきたいかっちりバッグ。
シックなネイビーカラーで取り入れれば、黒よりもやわらかく、華やかにクレバーコーデを引立てます。

写真は、ストライプシャツをレディなスカートとコーデ。
シャツと同系色のバッグなら、ストライプ柄の夏らしい爽やかさを邪魔しません。

着慣れないブルー系カラーも小物なら簡単♪

夏に着るブルー系カラーは、季節感を楽しめる魅力があります。
小物で取り入れれば、手持ちの服を夏らしくイメージチェンジできます。

また同じブルーでも、ライトブルーからネイビーまで選択肢はたくさん!
ブルーが似合わないと思っていた方でも、着こなしてみると、あなたの夏の気分にマッチするアイテムが見つかるかもしれませんよ。

  • ●この記事を書いたのは
  • ボーテロゴ
  • 『 bo-te(ボーテ)編集部 』
    『bo-te(ボーテ)』は働く女性のために「日常に取り入れやすく、参考にしやすい」ファッションコーディネートをお届けしているメディアです。

カテゴリー:ファッション

公式Instagram開始!フォローしてね♪
オンライン限定プレゼント