ファッション

2019年06月06日

ジャケットに着られてる?オフィスで私らしく着るワンピース&スカートルック

気温が高い季節でも、きちんと感が必要とされるオフィスシーン。着ていて楽ちん、でも上品さは損なわない働く女性に向けた、ワンピースや涼し気なスカートを使ったコーディネートをそれぞれご紹介します♪ぜひ参考にしてみてね。

bote-summerjacket-skirt-eye

ビジネスシーンでジャケットは、きちんと見せるための頼れるアイテム。
しかしデイリーファッションで頻繁に登場しないだけに、使い慣れないジャケットに着られていませんか?

そこで今回は、夏のオフィスカジュアルにオススメなジャケットスタイルをご紹介いたします。

これからの季節に参考にしたい、ワンピースとスカートルックにジャケットを自然に馴染ませたコーデを提案します。

品の良いワンピースルックにジャケットを添えてオフィスの華に

楽ちんワンピにはきれいめジャケットをオンしてきちんと見えコーデ

楽ちんワンピにきれいめジャケットをオンしたきちんと見えコーデ

オフタイムにも着たい、リラックス感がこなれたプリーツワンピース。

イージーなワンピースの魅力に、さらっと馴染ませているのがボタンの無いノーカラージャケット。
リネン素材のナチュラルな風合いが、頑張り過ぎていないジャケットスタイルを作ります。

脱力感あるこなれたジャケットスタイルなら、仕事でも親近感が作りやすそうですね♪

ブラックのデザインワンピを使った上品なオフィスコーデ

ブラックのデザインワンピを使った上品なオフィスコーデ

夏らしいギャザーワンピースは黒をチョイス!
落ち着きある色の服は、頼れる人のオーラを纏うよう。

さらにワンピースの中でもシンプルなデザインは、ジャケットとも上品に馴染みます。

オフタイムに着こなせるようなカジュアルなデザインでも、シンプルなら着回せそう!
できるだけ素材や生地は品の良いものを選ぶと、無理なく着回しの幅が広がり重宝します。

ネイビー×ホワイトのコントラストでつくる夏のきれいめコーデ

ネイビー×ホワイトのコントラストでつくる夏のきれいめコーデ

Vネックの半袖ワンピースは、コクーンの丸みが体の線を拾い過ぎず上品な一着。

また今季は、深めのネックがワンピースやブラウスで人気のデザイン。
さりげなくトレンドをおさえられると、時代の流れにきちんとアンテナを張っている安心感を着こなせます。

そんなワンピースルックに加えたジャケットは、誠実なネイビーカラーがクレバーな雰囲気を底上げ。
しなやかに頼れる仕事が出来る、そんな美しく働く人の魅力にぴったりな装いです。

ドレッシーなワンピースを使って華やかに仕上げる

ドレッシーなワンピースを使って華やかに仕上げるジャケットコーデ

フロント部分でブラウジングされたデザインが、ゴージャスな華を添えるワンピース。
そんなインパクトある一着に負けないホワイトカラーで、エレガントにジャケットコーデを完成させています。

「きちんと感をキープしながら、しっかりレディに着こなしたい!」
そんな特別な日に応用したいコーデテクニックです。

ジャケットが自然に馴染む私らしいスカートルック

ホワイト×キャメルでメリハリをつけて夏気分アップ!

ホワイト×キャメルのジャケットコーデ

明るいキャメルカラーがコーデの主役になる、ラップ風タイトスカート。
清潔感あるデザインブルゾンと白いブラウスで、さわやかにまとめています。

さらにバッグやパンプスも暖色系カラーで揃えているのがポイント!
キャメルやベージュなどの色に合わせる、寒色系カラーは簡単な色合わせですが、あえて暖色系で攻めるのが今季のトレンド。

色合わせで、ワンランク上のジャケットスタイルにトライしてみて!

ノーカラージャケットとタイトスカートでビックTをオフィス仕様に

ノーカラージャケットとタイトスカートのコーディネート

一見シックなタイトスカートには、裾にスリットとフロント部分の編み上げデザインが。
さりげなさがオシャレ心をくすぐる、オフィスにちょうど良いデザインスカートです。

さらにノーカラーのジャケットを合わせてすっきりと。
ソリッドなデザイン物の服で作るシンプルコーデなら、これ見よがしではない大人の余裕が引き立ちます。

上品なパープルのフレアスカートを主役にしたお仕事コーデ

上品なパープルのフレアスカートを主役にしたお仕事コーデ

トレンドに流されない洗練されたデザインが美しい、フレアスカートを使った着こなし。
ジャケットでかっちり決めても、エレガントなしなやかさをキープ。

誠実な魅力に優しさを忍ばせたい、働く女性にオススメの装い。

夏のブラウンはエアリーなフレアスカートで涼し気に

ライトグレーのジャケットを肩にかけたオフィスカジュアル

エアリーなプリーツスカートで、季節を楽しむような装い。
ライトグレーのジャケットを加え、軽やかな色で全身をコーデ。

そこにこっくりと深いオレンジ系ブラウンカラーのTシャツが、全身を引き締めます。

また足元もベージュカラーの淡い色をコーデすることで、ウエストから下に生まれる統一すると、足長効果でスタイルアップ!

ライトカラーの服が増える夏に、トライしやすいコーデテクニックです♪

しっくりくるワンピース&スカートルックならジャケットが寄り添う

「ジャケットに似合う服は何だろう」と頭を悩ませていた方も、逆の発想はいかがでしょうか。
自分らしさが美しく引き立つワンピース・スカートを使って、夏のオフィスカジュアルを完成させてみて!

ビジネスシーンの味方になるジャケットが、自然な形で“あなたらしさ”に寄り添ってくれるかもしれません。

  • ●この記事を書いたのは
  • ボーテロゴ
  • 『 bo-te(ボーテ)編集部 』
    『bo-te(ボーテ)』は働く女性のために「日常に取り入れやすく、参考にしやすい」ファッションコーディネートをお届けしているメディアです。

カテゴリー:ファッション

▼応募締切▼
[1]は7/8(月)、[2]は7/17(水)

ベルメゾン マネーセミナー開催「もうお金に振り回されない!貯蓄&保険をコントロール!」
公式Instagram開始!フォローしてね♪
オンライン限定プレゼント