ファッション

2019年05月14日

オフィスのカーディガンを脱・ワンパターン!一味違う4つの着方

コーディネートのアクセントや、ちょっとした羽織にピッタリなカーディガンはシーズン問わず活躍してくれる優秀アイテム。誰しも一着は持っているカーディガンを、今回はオフィスで使える4つの着こなし方に分けてご紹介します。ぜひ参考にしてみてね♪

bote-cardigan-eyecatch

オフィスカジュアルに欠かせないカーディガン。最近マンネリしてきていませんか?

そこで今回は、オフィスでのカーディガンの着こなし方を4パターンに分けてご紹介。
トップスの上から着る着方じゃない、4つのアイデアを解説いたします。

着方がちょっと違うだけで、グンと広がるコーデの幅♪
またカーディガンが「なぜかあか抜けない」と感じている方には、スタイリッシュにキマるテクニックが見つかるかも。

アイデア① カーディガンの前を閉めてトップス使い

ラベンダーカラーをアクセントにしたふんわりスカートコーデ

ラベンダーカラーのVネックカーディガンをトップス使いしたコーデ

ラベンダーカラーのVネックカーディガンを、トップス使いでコーデした装い。
深めのVネックが、レースのスカートとマッチしてレディな気分を高めています。

きれい色カーディガンの着回し幅が広がると、毎日のコーデが華やかになりますね!

ジャケットとカーデを組み合わせたワザありスタイル

シンプルなリブカーディガンを、ぴったりニットのように着こなしたコーデ

シンプルなリブカーディガンを、ぴったりニットのようにコーデ。
近年トレンドキーワードとして欠かせないリブ素材は、マニッシュなパンツルックに取り入れるとフレッシュな印象に仕上がります。

きちんとしただけのオフィスカジュアルから、一歩抜け出したこなれ感を楽しんで。

爽やかなミントグリーンを使ってキレイめオフィスコーデに

丸首のカーディガンをトップス使いしたトレンチコーデ

クルーネックのカーディガンでも、トップス使いは可能!
刳り閉まった形になるので、モードな印象を着こなせます。

ボタンの上まできっちり閉めても、デザインによっては一番上だけ一つボタンを開けてもGOOD!
アンニュイな抜け感を胸元に作れます。

アイデア② 腕を通さずカーディガンを肩に引っ掛ける

ネイビー×ブラウンでシックにまとめて大人っぽさを表現

腕を通さずカーディガンを肩に引っ掛けたお仕事コーデ

カーディガンに腕を通して着こなすのがベーシック。

しかし、あえて腕を通さず肩にカーディガンを引っ掛ける着こなし方もあります。
見た目にもこなれた印象がプラス。

またしっかりと着るほど寒くないときや、座り仕事で腕の血流を妨げたくないときにも、着心地よい着こなしテクニックです。

大人の女性らしい魅力たっぷりのシンプルなワンピーススタイル

カーディガンを肩にかけたワンピースルック

ワンピースルックにも、肩に引っ掛ける着こなし方は素敵♪
コンサバなワンピースに、大人の余裕が醸し出されます。

可愛いだけじゃない、大人っぽい魅力をカーディガンで表現してみて。

動きやすくて女性らしい!きちんと感のあるパンツルック

襟付きシャツのパンツルックにカーディガンを引っ掛けたコーディネート

襟付きシャツのパンツルックにカーディガンを引っ掛ければ、程よくリラックス感が。

ハンサムなきちんと感に、ゆるりとした着方が心地よくマッチします。

アイデア③ カーディガンから覗くインナーのレイヤードを楽しむ

淡色をレイヤードしてこなれ感のあるシンプルスタイルに

グレーカーディガンのオフィスカジュアルコーデ

カーディガンのバストトップ付近だけ、ボタンを閉めたレイヤードスタイル。
インナートップスのホワイトカラーをチラリと覗かせ、トップスに軽やかな奥行きを作っています。

手持ちのカーディガンに、どんなインナーを重ね合わせようかと楽しくなりそうなテクニックですね!

ボーダーカーデ×チュールスカートで大人可愛く

ボーダーカーディガンが主役のカジュアルコーデ

ボーダーのカーディガンなら大人可愛く着こなせて、なおかつ、オフィスにも馴染みます。

また刳りの詰まったクルーネックなら、フロントボタンをひとつ開けても胸元が気になりません。
胸元の「チラ見え」防止してアクティブに過ごせそう。

ニュアンスカラーを取り入れたシンプルコーデ

シックなカラーのカーディガンスタイル

シックなカラーでレイヤードしたトップスに、ホワイトカラーのワイドパンツで軽快にまとめたきれいめコーデ。

落ち着いた色で重ねると、すっきりとレイヤードを楽しめます。

アイデア④ カーディガンをショールのように肩掛け

肩掛けカーデでこなれ感のあるマリンスタイルに

ネイビーカラーのカーディガンを肩にかけたボーダートップスのマリンスタイル

今季も引き続きオフィスカジュアルで活躍する、カーディガンの腕部分を肩に掛ける“肩掛けカーデ”。
バブル期に命名された“プロデューサー巻き”から再流行を重ね、今季も健在しているテクニックです。

肩を冷やさない機能性や、見た目にもコーデのアクセントにしやすい点が支持されつづける理由かもしれません。

こちらはホワイトカラーをメインにした着こなしに、ネイビーカラーのカーディガンをプラス。
ボーダートップスと色がリンクし、全身に統一感が生まれています。

カラースカートを使った大人の華コーデ

パープルカラーのスカートを合わせた肩かけカーディガンコーデ

ブラックのニットに同色のカーディガンを肩掛け。
似ているシックな色で重ね合わせれば、大人っぽい統一感が出ます。

さらに目を引くカラーのスカートで、地味になり過ぎない大人の華をコーデにプラス。
揺らめくフレアスカートで、仕事を楽しむような余裕を美しく着こなして。

シンプルコーデに肩掛けカーデを使ってワンアクセント

ハンサムなムード高まる、ホワイトシャツとストライプ柄のパンツルック

ハンサムなムード高まる、ホワイトシャツとストライプ柄のパンツルック。
横顔美人なパンプスを合わせて、レディな抜け感を忍ばせて。

また、肩に掛けたカーディガンから足元までモノトーンでまとめる配色は、オールシーズン応用したいテクニックです。

一着のカーディガンでも着方次第で広がるコーデ

普段のカーディガンを、いつもと違う着方をするだけで、コーデ全体のイメージが大きく変わります。

オフィスでの服装がワンパターンになってきた方にも、手持ちのカーディガンとの付き合い方が変わるだけで、思いもよらなかったファッションアイテムを新調したくなることも!

新しい自分を見つけるように、新鮮なオフィスカジュアルを楽しんで♪

  • ●この記事を書いたのは
  • ボーテロゴ
  • 『 bo-te(ボーテ)編集部 』
    『bo-te(ボーテ)』は働く女性のために「日常に取り入れやすく、参考にしやすい」ファッションコーディネートをお届けしているメディアです。

カテゴリー:ファッション

公式Instagram開始!フォローしてね♪
オンライン限定プレゼント