グルメ

2019年05月03日

鮮やかな出汁カレーに女性が殺到!?中崎町の女性のためのカレー屋さん『ジパングカリーカフェ』とは?

大阪・中崎町で女性に大人気のカレー屋さん『ジパングカリーカフェ』をご紹介。本格的な和風出汁カレーがおしゃれな盛り付けで現れます。オーナーの「女性に喜んでほしい!」という気持ちが込められたお店を見てみましょう!

ジパングカリーカフェの外観

阪急「梅田駅」の茶屋町出口から、およそ徒歩5分。JRの高架をくぐった先の路地奥に『ジパングカリーカフェ』があります。

多い日では、来店する女性の割合が95%にもなる同店。一般的に男性が多く利用するイメージのカレー屋さんで、なぜこんなにも多くの女性が来店しているのでしょうか?
その答えは、オーナーがとことん「女性に喜んでほしい」という気持ちで考えた、お店作りにあります。

ジパングカリーカフェのメニュー看板
路地の入口付近には、メニューがずらっと並んでいます
看板熊のタロキチ
お店の前では、看板熊の「タロキチ」がお出迎え。
隣に座って写真を撮りたくなりますね!

店内に入るとそこは海外!異国にいるような気分になれる内装

ハワイアンなイラストの壁

お店のドアをくぐると、すぐにビーチにいる女性の壁紙があり、海外旅行に来た気分になれます。

見る人によって、ハワイ・バリ島・グアム……など思い描くリゾートは様々!
こちらは、お店のリラックスシンボルになっています。

ジパングカリーカフェの白壁
ウエスタンな雰囲気の奥のテーブル席
奥へ行くと、ウェスタンな雰囲気に早変わり!
ジパングカリーカフェのオーナーとスタッフ
左から、オーナーの安藤育敏さんと、2名のスタッフさん

トッピングで組み合わせ自在!和風ダシのジャパニーズカレー

トロスジポパイのサイドショット

『ジパングカリーカフェ』では、出汁カレーを提供されています。

日本のカレーチェーン店や、市販のカレールーでは一般的に、出汁としてチキンブイヨンなどが使われているそうです。
一方、『ジパングカリーカフェ』はカツオの削り節と昆布を使った和風出汁をベースにしています。

旨味が効いた出汁に、黒毛和牛の牛すじを入れて煮込みます。そして数十種類のスパイスを加えることで、同店の和風カレーが完成します。和風出汁がベースということもあり、ヘルシーで旨味を楽しめる一品です!

「トロスジポパイ」(1,290円)

トロスジポパイの正面ショット

『ジパングカリーカフェ』では、カレーのベースは「プレーンカレー」の1種類だけ。
そこに、トッピングを加えて、自分好みのカレーにアレンジします。

今回は、トッピング例としてメニューに載っていた、
温玉
ほうれん草
焼きチーズ
鹿児島産 黒毛和牛の煮込みトロスジ
の組み合わせの「トロスジポパイ」を頂きました。

出てきた瞬間に、思わず写真を撮りたくなるような綺麗な盛り付け。
まず、ビジュアルだけで心をグッとつかまれます。

盛り付けには、かなりこだわっていらっしゃるそうです!

トロスジポパイのアップ写真

目で楽しんだ後は、香りを堪能してみます。こちらのカレーは、よくカレー屋さんで感じる香りとは異なります。
和風出汁のため、かつお特有の香りが広がります。カレーなのに、うどんのような香りが楽しめます。

初めに頂くのは、カレールー。天然の魚介出汁を使っているため、香りと旨味を感じます! 辛さは控えめなので、辛いのが好きな方は、追加料金で辛くすることも可能です。

お次は、トロスジです。口に入れると、ホロホロとした食感を堪能できます! 長時間煮込んでいるため、トロトロに仕上がっています。

最後は、温玉・ほうれん草・焼きチーズを頂きます。
ほうれん草のシャキッとした歯ごたえに、焼きチーズのカリッとした部分と、とろけた部分がたまりません。そこに温玉を割ると、さらにGOOD! 色々な味を楽しめます。

デザートにもなるドリンク!大人気のラッシー

タピオカマンゴーラッシーといちごラッシー

『ジパングカリーカフェ』の人気ドリンクは、「ラッシー」と「チャイ」です。
今回は、「ラッシー」をご紹介します。

ラッシーとは、簡単に言ってしまえば、インドの飲むヨーグルト。
同店では、そのラッシーにフルーツを加えたものが人気です。

お味はあっさりとしていて甘すぎず、ひんやりと冷えています。
ドリンクとしてだけでなく、デザートとしても味わえます。

本場のインドでは、クセが強く好みが分かれますが、こちらは飲みやすいよう工夫されているので、ゴクゴクと飲むのが止まらないかも!

ラッシーのみの注文で、カフェとして利用するのもOKですし、全てのドリンクはテイクアウトもできます。持ち帰って、どなたかに差し入れするのはどうでしょうか?

タピオカマンゴーラッシー
期間限定「タピオカマンゴーラッシー」(単品/500円、フードとセット/400円)
いちごラッシー
3・4月限定「いちごラッシー」(単品/400円、フードとセット/300円)
トロスジポパイとラッシー2種

そして、「ラッシー」と「カレー」は一緒に頂くのがおすすめ!
クセが強くないからこそ、和風カレーの味を引き立てます。

最後はやっぱり、彩り豊かなパフェで決まり!

ミニパフェ2種とハイビスカス

食後には、やはりパフェがおすすめです。

タピオカ、クリーム、フルーツソースにグラノーラ。上にはフルーツをのせた一品。
カレーを食べた人でも、ペロッと食べられるサイズになっています。

パフェの器にクリームを入れている様子
果物などをトッピングしている様子
タピオカベリーミニパフェ、タピオカマンゴーミニパフェ
左から、「タピオカベリーミニパフェ」、「タピオカマンゴーミニパフェ」
(それぞれ単品/690円、フードとセット/500円)

全ては女性に喜んでもらうために

笑顔のオーナーとスタッフ

「女性ひとりでも入れる、本格的なカレー屋さんを作りたい」という思いで、オーナーの安藤さんは『ジパングカリーカフェ』を始めました。

本格的なカレー屋さんに行ってみたいけど、男性ばかりで入りにくい。そのせいで、おいしいカレーが食べられない。そうした悩みを解消するため、徹底したお店作りを行ったそうです。

本格的な和風カレー、思わず写真を撮りたくなる盛り付け、おしゃれな内装、豊富なドリンク、ポップなメニューなど、こだわりは数え切れません。

●おしゃれなカレー屋さんを探している
●自由なトッピングを楽しみたい!
●和風出汁のカレーが食べたい!

そんな方は、中崎町のおしゃれなカレー屋さん『ジパングカリーカフェ』に、
ぜひとも足を運んでみてください!

Writer:やまじん

※掲載内容は取材時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

カテゴリー:グルメ

公式Instagram開始!フォローしてね♪
オンライン限定プレゼント