グルメ

2019年05月20日

お米が主役!中崎町の『めがね製作所カフェ 藍丸』で、優しさ溢れる故郷のごはんや、こだわりの甘味を

中崎町の『めがね製作所カフェ 藍丸(アイマル)』のおすすめをご紹介!オーナーご実家直送のコシヒカリで作るごはんや、甘酒が人気。職人のめがね作りも見学できて、見どころ満載!

めがね製作所カフェ藍丸の外観

今回の取材先は、Osaka Metro 谷町線「中崎町駅」から徒歩約5分のところにある『めがね製作所カフェ 藍丸』です。

中崎町といえば、カフェの激戦区。こちらの通りも様々なお店が立ち並んでいます。
そんな中、「めがね製作所カフェ」というネーミングが、歩く人の足を止めます。

めがね製作所カフェ藍丸のロゴマーク
お店のロゴマークは、めがねとマグカップを組み合わせたデザイン
めがね製作所カフェ藍丸の看板

「めがね製作所」と「カフェ」が調和する空間

めがね製作所カフェ藍丸のテーブル席

店内は古民家を改装しており、和の空間が広がっています。

こちらでは、やさしい家庭料理を頂けるだけでなく、めがね作りの様子も見ることができます。

内装に使用されている材木
使い込まれた材木が、建物の歴史を物語っています
カフェオーナーとめがね職人
左から、カフェオーナーの杤尾美結(とちおみゆ)さん
めがね職人の清家俊樹(せいけとしき)さん
めがね制作の様子
タイミングが合えば、めがね制作の様子を見学できます
アセアートを削り出して作られためがねのフレーム

アセテートと呼ばれる化学繊維を、めがねのデザインをもとに削り出していきます。
オーダーメイド品は、最終仕上げをめがねの聖地「鯖江」で行います。職人の手で一つひとつ丁寧に仕上げていきます。

ご両親が育てたお米を使用!箸がとまらない「おにぎりと三菜」

ごはんと三菜
「おにぎりと三菜」(950円)

兵庫県宍粟市産地直送コシヒカリのおにぎりふたつ
母直伝具沢山の豚汁
月替わりのご飯に合うメインおかず(小)
気まぐれ小鉢
自家製漬物

2019年2月にできたばかりの新メニューをご紹介。
おにぎりのお米は、カフェオーナーである杤尾さんのご実家から送られてくるコシヒカリを使用しています。

まず頂くのは、おにぎり! おにぎりを引き立てるため、他の料理は全体的に濃くなったり、塩辛くなり過ぎないように調整しているそうです。そのおかげで、お米をしっかり味わうことができます。

さばみそと梅干しおにぎり
今回の具は「さばみそ」と「梅干し」
手元に来た瞬間から、海苔の香ばしさが食欲をそそります
母直伝具沢山の豚汁
「母直伝具沢山の豚汁」

「これ、実は豚汁なんです!」そう聞いて皆驚くそうです。

豚汁といえば、通常は味噌を連想します。ですが、オーナーの杤尾さんのご実家では、酒と塩と和風だしを使った、こちらを豚汁と呼んでいたのだそうです!

「コンビニで味噌の豚汁を見たときはびっくりしました(笑)」と話す杤尾さん。

砂糖不使用!お米本来の甘みが楽しめる、食べる甘酒「豆乳きなこ」

食べる甘酒・豆乳きなこ
食べる甘酒「豆乳きなこ」(650円)

次にご紹介するのは、お米を使ったおやつ「食べる甘酒」です。もちろんこのお米も、杤尾さんのご実家のコシヒカリ!
よく見かける甘酒は飲み物ですが、こちらの甘酒は噛んで食べます。

その中でも人気なのが、「豆乳きなこ」です。甘酒の上に、きなことグラノーラが乗っています。甘酒は甘すぎず、お米本来の甘み。写真右にある豆乳を、甘酒に割って頂きます。

割ることで、甘酒の甘ったるい感じと、豆乳のにおいがちょうど中和され、マイルドになります。甘いのが得意な方は豆乳を少な目に、苦手な方は多く入れることで調節しましょう。

食べる甘酒の透明なグラス
透明なグラスなので断面も楽しめます
甘酒を作っている様子
60度で9時間置くと、発酵して甘酒が出来上がります

甘酒の材料は、お米・米麹・水のみ。砂糖を使っていないのに、しっかりと甘みがあるのは驚きです。「健康を気にしている人にも、気兼ねなくデザートを食べてもらえたら」(杤尾さん)。

ご縁が生んだ、人気の自家製おやつ「池田さんのかぼちゃケーキ」

池田さんのかぼちゃケーキ
「池田さんのかぼちゃケーキ」(650円)

3つ目は、人気のおやつ「池田さんのかぼちゃケーキ」をご紹介。
鮮やかな黄色と、お店のロゴがデコレーションされ、写真映えしますね!

プリンとチーズケーキを合わせたような、しっとりとした食感です。
こちらは砂糖を使用していますが、季節により変わるかぼちゃの甘さに合わせ、砂糖の量を調整しているとのこと。

実は、このケーキのレシピは、杤尾さんの学生時代のアルバイト先にいらした、パートの池田さんに教えて頂いたものなのだとか……。

「いつかカフェをしたときには、絶対この池田さんのケーキを出したいと思っていました。久々にお会いしに行ったら、快くレシピを教えてくださいました。」(杤尾さん)

最後に

カフェオーナーがめがね職人を紹介している様子

『めがね製作所カフェ 藍丸』は、ものづくりの良さを伝えたいというおふたりの思いによって、作り出されています。

●おいしいお米を使ったごはんが食べたい
●体にやさしいデザートが食べたい
●もの作りを見てみたい

気になる方はぜひ、中崎町に足を運んでみてください!

Writer:やまじん

※掲載内容は取材時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

カテゴリー:グルメ

▼応募締切▼
[1]は7/8(月)、[2]は7/17(水)

ベルメゾン マネーセミナー開催「もうお金に振り回されない!貯蓄&保険をコントロール!」
公式Instagram開始!フォローしてね♪
オンライン限定プレゼント