NEWS

旅行/トラベル

2019年03月13日

「野球」がつないだ、日本と台湾の新たな縁! 『阪神電気鉄道』と台湾『桃園メトロ』連携記念ラッピング列車、3/9(土)出発進行!

車体、内装、車内吊りポスター、まるごと“台湾・桃園”に!
「阪神~♪」のメロディがクセになる、台湾のシンガー・ソングライター黄 小玫(Sandy)さんのキュートなPR動画も必見

車掌さまと

『関西国際空港』から台湾へ行く際、台湾の玄関口となるのは『桃園国際空港』。
その『桃園国際空港』や桃園市と台北駅を結ぶ鉄道事業を運営しているのが『桃園大衆捷運』(以下『桃園メトロ』)です。
2017年3月に開通した『桃園メトロ』のおかげで、私たち日本人観光客の利便性も飛躍的にUPしました。

1/21(月)、『阪神電気鉄道』と『桃園メトロ』が相互連携に関する協定を締結

『阪神電気鉄道』が運営する『阪神電車』の沿線には、日本の大人気球団『阪神タイガース』の本拠地『阪神甲子園球場』があります。
一方の『桃園メトロ』沿線にも、台湾の大人気球団『Lamigoモンキーズ』の本拠地『桃園国際棒球場』があり、観客の輸送を行っているという共通点があることから、両社が連携。
“野球”をきっかけに、日本-台湾間の観光振興を目的として相互送客に取り組むことになりました!

『阪神電車』側のプロモーション第一弾。3/9(土)、ラッピング列車の運行開始

『桃園メトロ』では、すでに『阪神電車』沿線の風景などをデザインしたラッピング列車の運行を開始していますが(7/20〈土〉迄の運行予定)、3/9(土)、『阪神電車』でのプロモーションもスタート。
『桃園メトロ』がデザインしたラッピング列車がデビューしました!

車体1車体2

桃園市が台湾の主要な民族のひとつである客家(はっか)民族の居住地であることから、車体のメインビジュアルには、客家民族の伝統工芸品である「客家花布(はっかはなぬの)」をモチーフとしたデザインを採用。
大きく描かれた牡丹、油桐、桃の花が、「花のように美しく華麗な台湾」を表しています。

「客家花布」の生地の色である水色をベースカラーにしながらも、ラッピングデザインは各車両で異なるのが特長。

1号車

1号車にはタイワンキジ、タイワンザル、タイワンツキノワグマが!

2号車には『台北101』や『国立国父記念館』、『中正記念堂』などをデザイン

熱気球、『大渓老街(桃園市旧市街)』、『桃園国際野球場』などがデザインされている3号車

『大渓老街(桃園市旧市街)』、『桃園国際野球場』など桃園市の観光名所がデザインされた3号車

水蜜桃、客家野菜饅頭、大渓豆干(乾燥豆腐)など桃園市の名物グルメが描かれた4号車

水蜜桃、客家野菜饅頭、大渓豆干(乾燥豆腐)など桃園市の名物グルメが描かれた4号車

5号車に描かれているのは、小龍包にタピオカドリンク、夜市名物フライドチキン、臭豆腐など日本人にもお馴染みの台湾グルメ!

5号車に描かれているのは、小龍包にタピオカドリンク、夜市名物フライドチキン、臭豆腐など日本人にもお馴染みの台湾グルメ!

台湾で信仰される少年神・太子爺(たいしや)や神輿が大きく描かれた6号車

台湾で信仰される少年神・太子爺(たいしや)や神輿が大きく描かれた6号車

床面

床には台湾のアンティークレンガと台湾の懐かしい遊び「跳房子」(日本で言うところの「ケンケンパ」)が描かれています

吊り革には「幸せに出会う 夢は空に舞う」と書かれたカラフルな熱気球が取り付けられ、「みんなの夢が叶うように」という願いが込められているのだとか

吊り革には「幸せに出会う 夢は空に舞う」と書かれたカラフルな熱気球が取り付けられ、
「みんなの夢が叶うように」という願いが込められています

車内吊りポスターでは、日月潭、野柳女王頭など台湾を代表する素晴らしい観光スポットを紹介

車内吊りポスターでは、日月潭、野柳女王頭など台湾を代表する素晴らしい観光スポットを紹介

『桃園メトロ』沿線や台湾各地の観光地、名物がデザインされ、台湾の魅力を十二分に感じられるこのラッピング列車は、1年間の運行予定です。

阪神佐々木常務

『阪神電気鉄道』佐々木浩常務取締役

『阪神電気鉄道』の佐々木浩常務取締役は「『阪神電車』を日頃からご利用のお客様には、この列車をきっかけに台湾を訪れていただき、台湾からお越しのお客様には“居心地の良さ”を感じていただければと思います」とコメント。

桃園蒲総経理

『桃園メトロ』蒲 鶴章総経理

『桃園メトロ』の蒲 鶴章総経理も「4月には桃園市政府が“油桐祭”や“水芭蕉祭”などの催しを開催します。日本の皆様にぜひ台湾を訪れて『桃園メトロ』をご利用いただき、素晴らしい旅をお楽しみいただければ」とPRしました。

台湾の人気シンガー・ソングライター黄 小玫(Sandy)さんが、阪神沿線の魅力をオリジナル曲で紹介!

台湾の魅力を自作の日本語曲に乗せて紹介した『台湾で会おうね!』が、本人のYouTubeチャンネルでの公開から2カ月で100万回再生を突破したシンガー・ソングライターSandyさんが、今回、台湾の方々に阪神沿線の魅力を伝えるPR曲『阪神電車で行こうよ!』を制作!

私たち関西人の地元を “台湾人目線”で魅力たっぷりに紹介してくれているMVは、日本人も必見。
「せやな」「ちゃうちゃう」「ほんまに」など、歌詞に関西弁も取り入れ、親近感も満載!

Sandy写真
Sandy写真2
Sandy写真3
Sandy写真4
Sandy写真5

今回Sandyさんはラッピング列車お披露目式で『台湾で会おうね!』、『阪神電車で行こうよ!』の2曲を披露。
キュートなルックスに伸びのある歌声、そして日本と台湾の深い友好関係を感じさせる楽曲で列席者を魅了しました。

Sandy1

お披露目式のフィナーレでは、『阪神電車』駅員の制服に着替えたSandyさんの合図でラッピング列車が出発。

出発式

お披露目式終了後、報道陣の囲み取材に応じたSandyさん。

Sandy2

「関西を訪れるのは2度目ですが、ここで出会った人は優しくて元気で、居心地のいい街ですね。ラッピング列車も実際にみるととても可愛くて感動しました」。

『阪神電車で行こうよ!』の製作に際し、阪神沿線の各名所でMV撮影を敢行。
『神戸どうぶつ王国』でSandyさんは初めて見たカピバラに大興奮!
また「台湾は雪が降らないので、六甲山でスキーやスノボが体験できるのは台湾人にとって嬉しいですね」と語ってくれました。

Sandy5

『阪神電車』に乗って驚いたことを聞かれると「大阪と神戸はすごく離れているイメージだったのですが、実際はとても近くて驚きました」。

最後に「関西のみなさん、少し臭いですけど臭豆腐を食べてみてください!九份にもぜひ来てくださいね!」と台湾をPR。
そして、『阪神電車で行こうよ!』のサビ部分“阪神~♪”も多くの人に歌ってほしいとアピールしました。

お得が続々!『阪神電車』×『桃園メトロ』のプロモーション企画

今回のラッピング列車の運行を皮切りに、『阪神電車』×『桃園メトロ』は今後様々なプロモーションを実施していくことが発表されました。
春の観光シーズンには、割引きっぷの販売も予定されているのだとか!
両社の今後から、目が離せませんね!

■阪神電車公式サイト https://rail.hanshin.co.jp/
■桃園メトロ公式サイト https://www.tymetro.com.tw/tymetro-new/jp/

カテゴリー:NEWS旅行/トラベル

公式Instagram開始!フォローしてね♪
オンライン限定プレゼント