NEWS

2018年06月27日

味わえるのは『阪急うめだ本店』だけ! 6/20(水)、『小樽洋菓子舗ルタオ』新ブランド『フワトロワ ルタオ』誕生

『阪急うめだ本店』が、『小樽洋菓子舗ルタオ』と作ったチーズクリームサンド専門店。
ブランド名は、食感を意味する“フワフワ”と、フランス語で3を意味する“トロワ”を組み合わせた『フワトロワ ルタオ』!

「欲しいものが必ず見つかる」、「新発見がある」と、関西人から絶大な信頼を寄せられている『阪急うめだ本店』の食品フロア。
なかでも、『グリコ』や『カルビー』など、企業コラボでも注目を集める洋菓子売場が今回新たにタッグを組んだのは、北海道を代表するスイーツブランド『小樽洋菓子舗ルタオ』です!

創業20周年を記念し、常設店を関西初出店!

「北海道物産展」などでもお馴染みの『小樽洋菓子舗ルタオ』。看板スイーツ「ドゥーブル フロマージュ」などが大人気で、知名度はもちろん全国区!

地元北海道にこだわり続ける『小樽洋菓子舗ルタオ』が、今回創業20周年を記念して『阪急うめだ本店』とタッグ。新ブランド『フワトロワ ルタオ』を立ち上げ、関西で初めてとなる常設店舗を6/20(水)にオープンしました。

『フワトロワ ルタオ』で販売されるのは、こだわりを尽くしたブッセ2種のみ

『阪急うめだ本店』とのコラボ決定から販売商品が決まるまで、実に11カ月もの時間を要したと話すのは、今回商品開発を担当した『小樽洋菓子舗ルタオ』の外山孝シェフ。
クッキー? それともオムレット……? さまざまな案が浮かぶ中、試行錯誤、そして試作を積み重ねてたどり着いたのが「ブッセ」なのだそうです。

「ブッセは日もちする分、食感がパサパサしているものが多いんです。だから、口の中でとろけるような食感をめざしました」と外山シェフ。
さらに、「お客様には、新鮮なものを新鮮なうちに召し上がっていただきたい」と、鮮度にも徹底してこだわって開発したと明かしてくれました。

やわらかく弾力のあるフレッシュタイプのブッセ!「ブーシュ フレ」(1個281円)

IMG_6826

ふわふわ、もっちりとした生地でクリームを優しくサンドした、ふんわりブッセ。
濃厚な味わいのクリームは、クリームチーズ入りの生クリームとカスタードクリーム。さらに粒状のゴーダチーズとチェダーチーズをトッピング!

外山シェフいわく「ミルクの味を強く感じてから、チーズを感じる。『ドゥーブル フロマージュ』のミニ版のようなイメージです」。
一口頬張れば、口の中に広がる生クリームとチーズのマリアージュに、思わずうっとりしますよ! 会社帰り、自分へのご褒美にいかがですか?

「商品は北海道で作る」ということにこだわってきた『小樽洋菓子舗ルタオ』が、今回「フレッシュ感」を大切にするために、「ブーシュ フレ」のみ『阪急うめだ本店』の店内厨房で製造。
賞味期限は、当日限り。1つずつ手作業で作られるため、製造量に限りがあり、当面は「1人5個まで」の購入制限が設けられ、完売次第終了となります。

ギフトにもお勧め!「ブーシュ ブール」(4個入1,134円、8個入2,247円、12個入3,348円)

IMG_6821

チェダーチーズとアーモンドパウダーを加えたさっくり食感の生地で、カマンベールチーズ、ゴーダチーズを使ったバターチーズクリームをサンドした、常温タイプのブッセ。
3つのチーズをリッチに使用した「ブーシュ ブール」は、地元北海道で生産され、賞味期限は約2週間。購入制限はありません。

日もちがするので、贈り物にもピッタリ!
友達の家にお呼ばれしたときの手土産として、ハレの日のギフトとしてもお勧めです。

IMG_6824

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
『フワトロワ ルタオ』 ※2018.6/20(水)オープン!

【所在地】大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店B1F
(阪急・阪神「梅田駅」各徒歩3分、JR「大阪駅」徒歩4分、地下鉄「梅田駅」・「東梅田駅」各徒歩2分)

【定休日・営業時間】『阪急うめだ本店』に準ずる

【問】TEL.06-6361-1381(代表)
【HP】https://www.hankyu-dept.co.jp/

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

カテゴリー:NEWS

公式Instagram開始!フォローしてね♪
オンライン限定プレゼント