ホテル

2017年09月13日

女性の幅広い夢を実現させるチャペルとしてリニューアル! 『スイスホテル南海大阪』9F「ジュール」

伝統的なスタイルからスタイリッシュなスタイルまで、さまざまな希望に対応。
2017年9月1日、大人のための洗練されたおもてなし空間がリニューアルオープン

メイン

大阪ミナミのランドマーク『スイスホテル南海大阪』9Fのチャペル「ジュール」が、2017年9月1日にリニューアル! 「traditional culture」、「active life style」、「contemporary design」の3つを新たなデザインコンセプトに掲げ、シックでスタイリッシュな装いと、緑を取り入れたナチュラルなスタイルに生まれ変わった。

白い大理石を使用したバージンロードや明るい天井とは対照的に、壁面に使用しているのは重厚感のあるグレーの玄武岩。玄武岩は非常に固いのが特徴で、新郎新婦の絆・繋がりがいつまでも強固であるように、という願いも込められているそうだ。
また、壁面にはマテリアル素材も取り入れられ、空間を引き締めている。

チャペルサブチャペルベンチ

天井には、インスタレーション・アートとして、花びらを模した吹きガラスが配されている。ガラス作家・地村洋平氏による手作りで、フラワーシャワーをモチーフにしたデザイン。
1枚1枚形状も模様も異なり、参列ゲスト全員への「愛」、「祝福」、「希望」を表現されている。計320枚もの吹きガラスが、緑豊かなガーデンを通してチャペル内に降り注ぐ自然光をまとい、キラキラ美しく輝く様子が印象的!
また、ベンチシートも座り心地を徹底的に追求。参列ゲスト誰もが快適に過ごすための配慮が行き届いている。

さらに今回、『スイスホテル南海大阪』に新たなエグゼクティブ ペストリーシェフとして加わったダヴィッド・ギマレス氏によるスウィーツの数々も披露された。
彼の作るスウィーツは、今後、ブッフェとして結婚披露パーティー等に登場予定。
もちろんパーティーだけでなく、36Fのレストラン「タボラ36」のランチ、ディナー等でも堪能できる。
マカロン、カップケーキ、マドレーヌ等々、食べる人の心にときめきと驚きを与えるものばかり。ベリーを中心としたフルーツも贅沢に使用されており、見た目もカラフルで写真映えも◎!
写真 2017-09-12 12 55 04
写真 2017-09-12 12 54 33 写真 2017-09-12 12 54 11

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
チャペル「ジュール」

大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル南海大阪9F
(南海「なんば駅」直結、地下鉄「なんば駅」すぐ)

【問】TEL.06-6646-3111(ウエディング直通)
【ウエディング公式HP】https://www.swiss-wedding.jp/
【ホテル公式HP】https://www.swissotel-osaka.co.jp/
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

カテゴリー:ホテル

オンライン限定プレゼント