【2017GW台湾1人旅】時間がゆっくり流れる内灣で、豊かな緑に癒される。

こんにちは。

我が家には、ドッグカメラ「Furbo」があります。
犬が吠えると、スマホに「ワンちゃんが吠えています。様子を見ますか?」と通知が来ます。
留守番時間が長いので、重宝しています。

自宅で録画していた『ちゃちゃ入れマンデー』(KTV)を見ていた昨晩。

インタビューされた天下茶屋のおっちゃんが「わしゃ旅がらすや」と答えたら、
「Furbo」からスマホに「ワンちゃんが吠えています。様子を見ますか?」と通知が来ました。

精度よ。

サイトウです。


2017GWの台湾1人旅行記の続きです。

■【2017GW台湾1人旅】桃園国際空港から台北へ、MRTで行ってみた。
■【2017GW台湾1人旅】MRT「雙連駅」近くの『ホテルアイジャーニー』でお世話になりました。
■【2017GW台湾1人旅】人生初台中!『彩虹眷村』で黄おじいちゃんに会えた幸運。
■【2017GW台湾1人旅】裸眼で両目1.5、眼科には縁のない私も絶対行きたかった場所。台中『宮原眼科』。
■【2017GW台湾1人旅】足を向けて寝られません。タピオカミルクティー発祥の地、台中『春水堂 創始店』に聖地巡礼。
■【2017GW台湾1人旅】彰化県『鹿港龍山寺』の建造美の虜になる。
■【2017GW台湾1人旅】彰化県『鹿港老街』散策、というより小走りで駆け抜ける。
■【2017GW台湾1人旅】台湾のウユニ塩湖・台中『高美湿地』は生物好きのパラダイス。
■【2017GW台湾1人旅】出会ってしまったかもしれない、私的ベストオブ魯肉飯!台北『満庭香魯肉飯』。
■【2017GW台湾1人旅】念願の初訪問!日本人に優しい大人気かき氷店、台北『冰讃』。
■【2017GW台湾1人旅】台湾人の読者さんが教えてくれた魯肉飯のウマイ店!台北『香満園』。
■【2017GW台湾1人旅】下調べの重要性を体感。台北→内灣への移動が楽しくも大変だった件。

どうにか「六家駅」を出発し、なんとか「内灣駅」に到着。
内灣線は電化されていないので、地元・鳥取の汽車を思い出しました。

1 車両

2 車両

3 駅

4 駅

素敵な雰囲気!
空気も美味しいし最高!
雨降りそうやけどな。

6 駅前

駅舎も超カッコイイ!
日本にはないデザインですね。
雨降りそうやな。

 

内灣は、かつて林業で栄えた街なのだそうですよ。
いまも緑豊かで、本当にいいところ。

私が行った日は、台湾では平日でしたので、人出は少なめ。
ただ、週末となると多くの観光客が押し寄せるそうです。

5 駅前

駅の目の前に広がるのは「内灣老街」。
お土産屋さんや食堂、屋台などがズラッと並んでいます。

帰りの汽車の時間を考えると、内灣滞在は約50分。
六家駅での教訓を活かし、時刻表を確認)

とりあえず「内灣吊橋」に向かうことに。
すると、やっぱり来ました、突然の雨。

屋台の軒先に雨宿りをさせていただきました。
ありがとうございます。

謎の看板。

7 看板

こういうの大好き。
でも立ち寄る時間がない。

8 看板

9 看板

表情ww

駅から歩いて数分で、「内灣吊橋」が見えてきます。

10 吊り橋

テンション上がるゥッ!

11 門番

吊橋への道にいた門番①②。

 

12 門番

笑顔が光る門番①と、やる気のない門番②。

 

「内灣吊橋」、少し揺れますが、構造もしっかりしているのでそんなに怖くありません。

ただ、先程の雨で足元が滑る滑る。
その点では結構スリリングでした。

13 吊り橋

14 吊り橋

15 吊り橋から

16 吊り橋から

17 吊り橋から

続いて、駅方面へ戻り、木造の映画館を再利用した食堂『内灣戯院人文客家菜館』へ。

18 内灣戯院人文客家菜館

ここで本場の客家料理を食べて、お土産を買おうと思っていたのですが、なぜか店員さんがどなたもいない!

店内は雰囲気も素敵そうだったので、ぜひ入りたかったのですが、断念。

屋台でジュースを買って老街をウロウロ。

内灣は時間がゆっくり流れている感じ。

ふだん大阪では超早足のサイトウも、内灣ではのんびりゆっくり歩きます。

ふとスマホを見ると、タイムリミット!

帰りの汽車に乗り遅れたらまた1時間待ちなので、足ぐるぐるダッシュで駅へ向かいました。

結局いつもこれ。

オンライン限定プレゼント