【2017GW台湾1人旅】出会ってしまったかもしれない、私的ベストオブ魯肉飯!台北『満庭香魯肉飯』。

こんにちは。

富田林の脱走事件、めっちゃ怖ないすか。
昨晩は、夜道でバッグをひったくられないようにしっかり抱えて帰りました(所持金1,000円程度)。

いざとなれば日傘を武器に闘うことも辞さない、サイトウです。

2017GWの台湾1人旅行記の続きです。

■【2017GW台湾1人旅】桃園国際空港から台北へ、MRTで行ってみた。
■【2017GW台湾1人旅】MRT「雙連駅」近くの『ホテルアイジャーニー』でお世話になりました。
■【2017GW台湾1人旅】人生初台中!『彩虹眷村』で黄おじいちゃんに会えた幸運。
■【2017GW台湾1人旅】裸眼で両目1.5、眼科には縁のない私も絶対行きたかった場所。台中『宮原眼科』。
■【2017GW台湾1人旅】足を向けて寝られません。タピオカミルクティー発祥の地、台中『春水堂 創始店』に聖地巡礼。
■【2017GW台湾1人旅】彰化県『鹿港龍山寺』の建造美の虜になる。
■【2017GW台湾1人旅】彰化県『鹿港老街』散策、というより小走りで駆け抜ける。
■【2017GW台湾1人旅】台湾のウユニ塩湖・台中『高美湿地』は生物好きのパラダイス。

台中から高速鉄道で台北に戻り、他のツアー参加者と仲良くなることも一切なく(極度の人見知り)、現地ツアーは解散。

やっぱり1人旅最高~!

台北駅で寄り道したり、写真を撮ったり、雑貨を買ったり、書店に入ったり。
好きな時に好きな場所で好きに過ごせるって最高~!

この日の夜は、日本人にも大人気の王道かき氷店『冰讃』でマンゴーかき氷を食べる予定だったので、
その前に、愛してやまない魯肉飯を一発キメることにしました。

今回の旅行でも宿泊したMRT「雙連駅」の近くは、美味しい魯肉飯の店が豊富なことで有名。
美味しい魯肉飯の店がたくさんあるから「雙連駅」の近くにホテル取ったといっても過言ではない。

『冰讃』の近くをうろついていて見つけたのがこちら!

外観よこ

『満庭香魯肉飯』。
日本人向けのガイドブックにもほとんど掲載されていないと思います。
ネットで調べても、あまりレビューが出てきません。

写真 2017-05-04 20 56 14

店内

店内に日本人客は1人もいません。
日本語メニューも英語メニューもありません。
スタッフさんも、英語・日本語は通じないようでしたが、もちろん、スタッフさんが超優しく対応してくれました。

まずトレーを取ってカウンターで注文したりお料理を受け取ったりして、会計を済ませてから着席します。

私が注文したのは、
「魯肉飯」(小・25元)と、空芯菜の炒め物、煮玉子(値段忘れた)。
煮玉子は、糸を使って2つに切ってくれました。
神業でした。心の中で、拍手をしました。

3品

もうね、3品とも超絶美味しかった。
おかわりしようと思った。
わんこそばバリに、わんこ魯肉、わんこ空芯、わんこ煮玉子したかった。
それくらい美味しかった。

魯肉

トロットロに煮込まれた豚肉、少し濃い目の味付け、タレがシミシミの白飯…。
やっと会えたね…(辻仁成inパリ=シャルル・ド・ゴール空港)。

『満庭香魯肉飯』の魯肉飯と離れたくない。
そばにいて。
日本帰りたくない。
つらい。

心の底からそう思いました。

実はこの旅で、もう1回行きました(笑)。

満庭香魯肉飯 持ち帰り

しかも、次は大サイズにするという暴挙!
テイクアウトしてホテルで食べた!
美味かった!

外観たて

公式Instagram開始!フォローしてね♪
オンライン限定プレゼント