京食材をふんだんに使ったあっさり餃子をランチでガッツリ。京都『ぎょうざ処 高辻 亮昌』

こんにちは。

風邪が治りません。
銃撃されたシガニー・ウィーバーみたいな声しか出ません。

サイトウです。

【シガニー豆知識】身長は180cm超

昨年後半から、仕事でよく京都に行きます。
京都づいてます。
京都京都してます。
大阪在住大阪勤務のサイトウにとっては、他府県に行くのは小旅行気分です。
仕事ですけど。

必然的に京都でランチを食べることが増えてきたので、
以前からリサーチしておいた(=京都在住のヒマな友人に聞いた)お店にも
足を運べるようになりました。

彼女がどれくらいヒマかというと、ことあるごとに泰葉の動向を私に知らせてくるレベルです。
自称「泰葉ウォッチャー」。

そんなヒマな彼女が推薦してくれたのは、京都・高辻の餃子の名店『亮昌(すけまさ)』さん。

サイトウだって一応人類学上はフィメール。
お昼から餃子をオススメするなんて!ヒマ人め!と友人を壮絶にディスったのですが、
「ここの餃子はにんにくが全っ然気にならへんから!いっぺん食べてみ!」と。

というわけで年始に行ってまいりました。
もう2月も終わりますね…。

外観

大通りに面しているわけではありませんが
「ぎょうざ専門」と書かれた大きな提灯が目立つのでわかりやすいです。

前情報はヒマな友人からの「にんにくが気にならない」ということのみ。
一抹の不安もありながら、この看板を見て一発で解消されました。

看板

うまそーーーーーー!

早速入店、店内はこんな感じ。

店内

だいぶ遅い時間に伺ったので、お客さんは少なめ。

メニューはこちら。

メニュー

生ビールの「コップ」(190円)に食指をバキバキ動かされながら、グッと我慢して定食(780円)を注文。

コップ1杯くらいなら顔に出ない自信しかないんだけど…
そういう問題ではない

『亮昌』さんの餃子のこだわりは「地産地消」。

■京都市長賞を受賞した伏見『中嶋農園』のキャベツ
■もっちりとした質感の霜降り豚「京の都 もち豚」
■京の料亭御用達である『山利』の田舎味噌
■九条ねぎの栽培を専門に手がける『京都  知七』の九条ねぎ

といった京素材を餃子の餡にふんだんに使っています。
中華調味料不使用で、かつおだしをベースとした京風の「和ぎょうざ」なのだそうです!

▼「定食」(780円)

定食

餃子2人前、ごはん、味噌汁、お漬物のセットです。

思わず二度見するレベルのボリューム。

ぎょうざ

厚み!

ぎょうざはし

重み!!

こんなにたくさん、食べられるだろうか。いや食べられる。間違いなく。

 

餡にはお味噌の味がついているので、まずはタレを何も付けずに。

続いて、酢醤油で。

そして、「揚げ昆布」を効かせた自家製ラー油と黒煎り七味を酢醤油に混ぜて。

たれ

いろんな味が楽しめるし、餃子そのものが非常にあっさりとした味わいなので12個パクパク食べられました。

満腹です。ご馳走さまでした~!

■ぎょうざ処 高辻 亮昌
TEL.075-201-6175
京都市下京区高辻通新町西入 堀之内町263
(地下鉄「四条駅」、阪急「烏丸駅」徒歩6分)
【営業時間】11:30~14:00(L.O.)、17:00~22:00(L.O.)
土・日・祝11:30~22:00(L.O.)
【定休日】無休
【URL】http://sukemasa.kyoto/

公式Instagram開始!フォローしてね♪
オンライン限定プレゼント