【2016GW台湾1人旅】女1人でも気軽に小龍包。中山のカフェ『金品茶語』で台湾ランチ。

こんにちは。

せこせこと去年のGW台湾旅行記を綴りますよ。

サイトウです。

バックナンバーはコチラ
【2016GW台湾1人旅】エバー航空でゴー。
【2016GW台湾1人旅】ホテルのバスタブの艶めかしさに動揺。
【2016GW台湾1人旅】1人でカフェごはん(初)。
【2016GW台湾1人旅】大好きな「雙連朝市」で食べ歩いた後に魯肉飯も食べる。

台湾料理って美味しいですよね。
でも、ここんとこ私は台湾に1人で行くことがほとんどなので、

行くなら、屋台とか、自助餐(セルフでお惣菜を好きなだけ取って、お会計をする台湾式食堂。セルフじゃなくて、店員さんがお皿に盛ってくれる場合もありますよ)とか。
あとはコンビニとか。

大人数でシェアして食べるようなお料理はあまり食べてません。

 

でもでもでもでも!私だって小龍包を食べたい!
というわけで、事前に台湾ツウの方から教えてもらったこちらへ突撃してきました!

 

『金品茶語』

写真 2016-05-02 12 08 16

写真 2016-05-02 12 08 33

こんにちはー!
ランチ食べに来ましたよー!!

写真 2016-05-02 12 08 47

いえーい!日本語メニューもある!

サイトウが注文したのは「クラシックセット」(360元)。
小龍包2個、ヘチマ入り小龍包2個、カニ味噌入り小龍包2個
ペストリー2個
牛肉麺
110元以下のドリンク(選べまっせ!)
これがセットになってます。

110元以上のドリンクをどうしても飲みたいというセレブさんは、差額を払えばOKですよ。

1Fは物販とカウンター席、2Fは広々としたテーブル席です。

 

写真 2016-05-02 12 11 24

いらっしゃいませ、と出してくださるのもお水でなくてお茶。
しみじみ。

写真 2016-05-02 12 13 14

ご安心ください、ドリンクメニューも日本語です。
サイトウが選んだのは「ローズ貴妃美人烏龍茶」。
名前に惹かれました。
何か文句でも。

店内はこんな感じ。

写真 2016-05-02 12 19 44

急須や小龍包をモチーフにした壁のオブジェ。

写真 2016-05-02 12 23 15

台湾の伝統的な食べ物がイラストになって壁にかかってます。
超好み。この絵、欲しいなぁ。

写真 2016-05-02 12 23 24

窓際のお席からは、
林森公園の木々を眺められるようになっています。

私はいいの。
窓際でなくていいの。
奥の壁際が好きなの。
そのほうが陰湿な私にピッタリなの。
私は待つ身の女でいいの。否、それは全然よくない。

 

待つことしばし、来ましたペストリー!

写真 2016-05-02 12 28 15
中身は、1つはハム、もう1つは千切り大根でした。

そしてお待ちかねの小龍包。

写真 2016-05-02 12 31 01

写真 2016-05-02 12 33 23
薄皮の中には、スープがブッシャーです。
とくにカニ味噌入りが結構濃厚で再校!
じゃなくて最高!
(もう再校とか再々校とか見たくないし聞きたくないし黙れ黙れ)

結構濃厚で最高…
韻を踏んでいるわけではありません、不可抗力です。

写真 2016-05-02 12 32 27

写真 2016-05-02 12 45 19

ドリンクは、まんまるの氷がね、ちゃんとお茶でできてるんで、
お茶の味が薄まらないという心配り。素晴らしいです。

写真 2016-05-02 12 40 27 (1)

牛肉麺も、安定の美味しさ。
ちょっと濃い目の醤油味です。

写真 2016-05-02 12 41 03
この値段でこんなに大きな牛肉がドカドカと入ってていいんでしょうか。
申し訳ない気分にすらなります。

 

 

 

1Fの物販スペースでももちろん買い物しましたよ!

写真 2017-04-17 16 52 30
写真 2017-04-17 16 52 58
コスモレベルで可愛いデザイン。
しっかりとした生地なので、お弁当を包むのに使おうと思います。
額に入れて部屋に飾るのも絶対可愛い。

 

『金品茶語』

【TEL】(02)2521-9669
【営業時間】11:00~22:00
【休業日】旧正月の2日間のみ
【日本語】日本語が堪能なスタッフさんもおられるそうです。日本語メニューもあります。
【アクセス】MRT「中山駅」2番出口より徒歩7分

 

 

そうそう。

行きし、MRTの中山駅から『金品茶語』に歩いて向かう途中、くまモンのショップ『KUMA cafe』の前を通りました。
くまモンは台湾でも大人気なんですよね。

写真 2016-05-02 12 04 00

熊本地震のすぐ後のタイミングでした。
台湾の皆さん、いつも日本を支援してくださって本当にありがとうございます。
私は台湾の皆さんのことを家族だと(勝手に)思っています。

オンライン限定プレゼント