【和歌山県紀の川市】フルーツ王国へ1dayトリップ(vol.1)、「ぷるフェス」で『力寿し』のフルーツ寿司。

和歌山県紀の川市。
紀の川市といえば、フルーツ。自然。あと、たま駅長。そして大阪から意外と近い。
まさにこれからの季節の「1日おでかけ」にピッタリのロケーションですよ。

そんな紀の川市へ、3月某日に日帰りで行ってまいりました!
今回の旅の目的は“フルーツ王国”を満喫すること。
女子っぽいやろ。
なんせ、紀の川市は「バナナとパイナップル以外なら何でも育つ」らしいのです。

写真 2017-03-05 14 37 07

ちょうどこの日は、『紀ノ川市役所』「ぷるフェス」なる1日限定イベントが開催されていました。

写真 2017-03-05 14 23 09

「はっさく王子」と「はっさく姫」になって記念撮影ができるブース。
変身用のウィッグ等も用意されていました。
オブジェには、なんとはっさくが839(ハッサク)個使われています。徹底ぶりに脱帽です。

写真 2017-03-05 13 44 43
変身するとこんな感じ。可愛い。

この後スタッフさんに「ぜひどうですか!?」と言われたのですが、
丁重にお断りをいたしました。サイトウ、40過ぎてますさかいに。惑わず。

写真 2017-03-05 14 33 08

本庁舎内では、体験型お茶会「ふるうつ茶会」も催されていました。
旬のフルーツや和菓子、お抹茶が楽しめましたよ。

写真 2017-03-05 14 00 03

お茶碗もフルーツ柄!
ちなみにお抹茶は自分で立てます。

写真 2017-03-05 13 59 10

ひー!
見てくださいこの可愛い和菓子!
紀の川市桃山町神田の『野かふぇ おりや』さんによる手作り。
作り手さんの「フルーツ愛」をヒシヒシ感じます。
内容は、「いちごねりきり」、「さくら半錦玉」、「フルーツこんぺいとう」、「はるみ(みかん)」、「キウイ」。もちろん紀の川市で採れた春のフルーツです。

そして、紀の川市粉河の『力寿し』さんの人気メニュー「フルーツ寿司」もいただきました。
この日の内容は「苺と大葉の細巻き」、「苺ととろけるチーズの炙りにぎり」、「キウイフルーツと鯛のにぎり」、「苺の巻きずし(胡瓜、巻き芯、菜花入り)」、「リンゴとサーモンのにぎり」、「リンゴのクレイジーソルト」。

写真 2017-03-05 14 17 57

「フルーツとシャリ……合うのか……」という恐怖にも似た胸騒ぎを必死こいて抑えながら一口。

「なんじゃこりゃー!!!!」(発音指導/松田優作)
めっっっっっっっちゃ美味い。

なかでもサイトウは、「リンゴとサーモンのにぎり」がお気に入りです。
脂の乗ったサーモンと、シャクシャクッと爽やかなリンゴがやけに合うんですわ。
エンドレスでイケる。わんこそばバリにイケる。

この日はイベント会場でいただきましたが、
お店はJR和歌山線「粉河駅」徒歩5分の場所にありますので、ぜひ行ってみてくださいね。
新感覚の美味しさに出会えるはずです。
※「フルーツ寿司」は要予約です

 

写真 2017-03-05 14 47 07

ステージには、紀の川市観光協会のイメージキャラクター「紀の川ぷるぷる娘」たちが勢ぞろい。
紀の川市で採れるフルーツがモチーフとなっています。

左から「かきぷる」、「ももぷる」、「きうぷる」、「じくぷる」、「さくぷる」、「いちごっぷる」。
子どもたちにモッテモテです。

 

vol.2では、『道の駅 青洲の里』の「健康おもてなしバイキング」を紹介します。
バイキング!イヤッホゥ!

オンライン限定プレゼント