京都・河原町の人気ラーメン店『猪一』で、どんだけ並んでもまた食べたい一杯に出会う。

こんにちは。

訪日台湾人向けの大阪情報サイト『O-share』
なんとか元気に更新しています。

サラッと宣伝をねじり込む、サイトウです。

▼Facebookに「いいね」してほしいです。
https://www.facebook.com/taiwanosaka/

お願いだから。

今日ご紹介するのは、2月に行ったラーメン店。

もう4月ですけどね。
安定のスローペース。

京都・四条寺町の『猪一(いのいち)』さんです。

もちろん噂は聞いておりました。

めっちゃ美味い。

でも

めっちゃ並ぶ。

と。

「ワシャ並ぶのはイヤなんじゃ~」※(C)千鳥

なのですが、

友達と京都・河原町でランチをするために待ち合わせしてたのに、
サイトウ河原町到着後、彼女が2時間遅刻してくることが判明

という地獄のシチュエーションになったので、
ふと思い立って行ってきました。

お店の前には、案の定、人だかり。

粉雪(発音参考/こなぁぁぁああああぁああゆきぃぃぃいいいぃい)が舞う中、
1人で並びましたとも。

ザ・盆地ならではの底冷えにメンタルが崩壊しかけながら
待つこと約40分(これでも早い方らしい)。
※待っている間にオーダーを聞いてくださいます

「これでマズかったら、友達に八つ当たりしてやる」と
ささくれだった心をひた隠しにしつつ、入店。

店主さんも店員さんもね、もう。

「お寒い中、大変お待たせして申し訳ございません」
「すぐにお出ししますので、少々お待ちください」
「紙エプロンと、髪の毛を結ぶゴムもご用意しておりますので、
ご入り用でしたらおっしゃってくださいね」

優しすぎる。
涙出そうやった。

人気のラーメン店って
職人気質の店主は絶望的に愛想が悪くて
「ワシのラーメンに文句は言わせぬ」、
多忙を極める店員は
「食ったらすぐ出てけ」
的な雰囲気を醸してくるという偏見を抱いておりました。
(ま、もちろんそんなお店、一度も出会ったことないけど)

『猪一』さんは違う。
ぜーんぜん違う。
ラーメン店で、こんなに心地よく印象的な接客は、初めてかもしれない。

 

写真 2016-02-17 13 44 24

 

サイトウが注文したのは、
地元・鳥取の大山地鶏を使った「鶏そば」(白・900円)!!

写真 2016-02-17 13 48 42

ドギャーン

 

猪一 スープ

見てくださいこのキラキラのスープ。
澄み切っております。
生まれたての赤子の目のごとく、一点の澱みなく、澄み切っております。
見た目に違わず、あっさり優しいお味。

写真 2016-02-17 13 43 48

スープは動物系(豚、鶏)の脂を一切使用しておられないとのこと。

 

具は、味付け玉子、メンマ、のり、白髪ネギ、そして
大山地鶏を昆布締めにした鶏チャーシュー!

猪一 チャーシュー

この鶏チャーシュー。
胸肉なのであっさり、ふっくらしっとり。
鶏肉なのに「もちもち」とした食感なんですよね。

 

猪一 味玉猪一 麺猪一 とろろ猪一 とろろイン

別添の柚皮を加えたり、
テーブルにあるとろろ昆布をほんの少し加えたりして
味の変化を楽しみつつ、スープがぶ飲み。

食べたあとは店員さんがドアまでお見送り。
「よろしければ、またお越し下さい!」と。

もちろん、再訪決定です。

超ご機嫌でお店をあとにしました。

ドツき回される覚悟で待ち合わせ場所に現れた友達は、
『猪一』さんのおかげで、命拾いをしました。

■『麺屋 猪一』(めんや いのいち)
TEL.075-353-7413
京都市下京区寺町仏光寺下ル恵美須之町528 えびすテラス1F
営業時間:11時30分~14時30分 17時30分~22時30分(L.O.)
※スープがなくなり次第終了
月曜定休
http://www.menya-inoichi.com/

新入社員の眩しさで眼球をヤラれている

サイトウ拝

●————●
Follow me!
【Facebook】
https://www.facebook.com/pukuma.jp
【Twitter】
https://twitter.com/PukumaJp
●————●

ついでに

【Instagram】
https://www.instagram.com/taiwan_osaka/

光の速さで絶賛フォローバック中!

オンライン限定プレゼント